【ボヤキ】苦しい事からは逃げて楽しい事を選ぶ。今までの事、これからの事

ALL

今回、このドクターマセソンの遠隔治療プロジェクトを1年続けてきて、今思うことと、最近考えてることについてお話しします。

結論から言うと、一番最初にタイトルである苦しい事からは逃げることにしました。好き、楽しいで自分の方向性を決めました。

何かに悩んで、方向性を考えた時、最終的には、この方法が一番 スッキリするなーと思っています。

 

お知らせ。2021年 5月でドクターマセソンの治療が1年となります。今年の5月は3名と決まりました!楽しみです。5月治療の方はTwitterかこちらの問い合わせからDMください。 グループLINEに招待します。

苦しい事からは逃げることにしました。好き、楽しいで人生を決める。

苦しい事からは逃げることにしました。

好き、楽しいで人生を決めると、後悔が少ないなと思っています。

 

と言うのも、ここ1年の話を少しします。

昨年の5月…このプロジェクトの一回目の募集でした。

ドクターマセソンの治療をアトピーの方たちに知ってもらうために必死でした。

 

とにかくガムシャラって感じで…

遊びに行かず
ご飯を作る暇も
テレビを見る時間も
ゆっくりお風呂に入る時間も削って
仕事をしながらブログ、YouTube、Twitterを頑張りました。

365日アトピーについて考えてました。

 

どこかにも書いたけど、私は医師のサポートがあって、専門家がいて、知識+この経験があれば 「アトピーの人の多くを助けられる」と思ってました。

 

だからもっと大きな反響があると思ってました。 ドクター晃平さんからは、順調だとは言われてましたが、治療に参加しない人もYouTubeで公開しているこのケア方法をマネして「アトピーが改善してきました。」というような報告がワンサカ来る!と思ってたんですよね。笑

 

まぁ、そこは私が期待しすぎただけでした…笑

 

もしかしたらコッソリ、マネしてる人はいるかもしれないけど、私の元に届く声は少なかったです。(とはいえ、毎日なにかしらのDMがきてたりしましたが…思ったよりと言う感じです。)

 

あとは、 世界的に認められてる治療だということ、臨床研究結果が出ていること、実際に治療患者さんが救われていること、アメリカでもトップクラスの皮膚科医が指導していること…

そして、紹介がとても多い治療だ…っていう実績があるからイコール「信頼度が高い」と思っていました。

 

でも、そこまで興味を持たれないんだなと…驚きました。

 

アトピーには脱ステや脱保湿、食事療法など多く治療方法があって、わたしも10年以上、頑張ってきた身です。 でも、よくなるどころか悪化しました(YouTube参照)

 

長く辛い失敗経験もあるし、本やネットで言われている民間療法は、ほかの治療仲間さんたちも、実践していたけど、この治療を受けてから みんな民間療法をほとんど辞めていること(アンケート参照)… そんな実例も含めて、「これは正しいこと」「それは間違い」と断言してしまいました。

 

それは、情報の押し付けで、今、わからないなりに模索して、それを頑張っている人たちを否定してしまった形になってしまっていました。

 

それが信頼を落としたのも原因なのかな… しょっぱなから、間違えてたのかなとは思いますが、前のブログに書いたようにとにかくこの活動やTwitterが苦しい状況になりました。

 

最初は、モチベーションも高かったし、本当にアトピーの人を助けたいと思ってやってた事なので 頑張れていましたが、いつのまにか Twitterを開いた瞬間から、ずぅーーーんと心が重くなる感じがするようになっていました。

 

それでも、その感情に蓋をして、頑張ってきたんですが… やっぱりその重い感情は消えず。

 

私は困った時にいつも頭の中のこの言葉を思い浮かべます。

自分が苦しい事からは逃げればいい。

なによりも自分の幸せを優先する。

 今、自分は楽しい?

もし、半年後に自分が死んだら?

苦しいなら逃げればいい。

自分が楽しい、幸せと思えることをしたらいい。

 

 こうやって考えた時に出た答えが自分の中の素直な答え。それが 正解だと思っています。

 

自分の人生を楽しむためにアトピーを治そう!と公に言ってるのに 今、私自身が自分の人生楽しめてないな…と、数か月間、思ってました。

 

でも、まだ一年も経っていない状況で 辞めたくはなかったし、自分がやると決めたことだから1年は続けようと思って、最近、もうそろそろ1年経つし、休憩としてしばらくアトピーの世界から離れてみました。

 

セルフネイルをしてみたり

メインの仕事のブログを書いてみたり

映画やバラエティ番組を見てひたすらダラダラと過ごしてみたり…

 

すると、私の世界は穏やかになりました。

 

もう情報はしっかり出しているし 疑われるようなことは何もしていないし

ドクターマセソンの治療を受けるかどうかは、今アトピーが辛い人が決める事だし

私ができる事は一通りやったし… うん。 と思うようになりました。

 

アトピーは 精神的にも本当にきつい病気です。

心にも傷を抱えてる人は多いだろうし、皮膚科医も薬も信頼できないようになってる人もいます。

 

お薬を使いたくない、合わないなど、薬に対しての恐怖感を持てば、「ドクター」や「薬を使う」という文字を見るだけで、拒否反応が出る人も居ます。

 

それよりも、自分の経験を信じる事や、アトピー仲間に相談して、教えてもらった情報の方が安心感がある… 昔の自分がそうだったことも思い出しました。

 

そうやって、渦中にいる人たちの気持ちを考えることで 「なんとかして、正しい情報を知ってもらいたい、わかってほしい」気持ちを捨てようと思いました。

 

同じアトピー。悩みに共感できても「頑張ってね」と言えない。

本当は、 危険なことをしている人を見たら止めたくなるし、 過去の自分と同じようなことで、同じようなことをして、改善せずに悩んでいる人をみたら、その気持ちが痛いくらいにわかるから、つらくなります。

 

危険な治療しているとわかっているのに、「頑張ってね」とは、どうしても言えなないし、見るのも辛いです。

だから、苦しんでる人達の感情がダイレクトに伝わってくるTwitterを見ると心が重くなるんだなと言うことにも気付きました。

 

もし、私が今でもわからないことが多かったら…

まだ模索しながら、アトピーに悩まされていたら…

「何がいいか、わからないよね」

「これがいいかもしれないね」

「応援しているよ」

そして、「頑張ろうね。」 と一緒の立場で 励ましあえたのかなぁ…

 

ほぼ生まれつきのアトピー

軽度から重度になった経験

ほかの病院での脱ステ入院

数々の民間療法、食事療法…

心も体も限界になって この治療を受けた結果…

ドクターや晃平さんから得た知識…

この治療の元患者さん達の経験…

このプロジェクトで、前向きになっていく患者さんたち…

いろんなことを知りすぎて、 日本に溢れているアトピー治療、民間療法は、白か、黒か、選別できるようになりました。

 

アトピーの人は基本的に、迷ってると思います。

 

私も、脱ステだったり民間療法を表面的には、信じて頑張っていたけど、心の奥底では「なんでこんなに頑張っているのに…なんで良くならないんだろう?でも、これで改善した人はたくさんいるし…もっといい治療があるかも…」と、ずっと不安や、迷いで根本ではモヤモヤとしていました。

 

だからこそ白黒ズバッと言い切る事が大切だと思ってました…が… 言い切ることは、 否定してると思われます。 否定するつもりはなくてもそう思われてしまう。

 

ちゃんと伝えたいし、悩んでいる人を救える情報は出していきたい…

でも、理解してもらえないことも多いし 、もどかしい。

 

今も考えていることと、心の中がごちゃごちゃで行動のもっていき方がわからなくて難しいので、現在進行形で、モヤモヤとした部分はありますが…

自分が苦しい事からは逃げればいい。

なによりも自分の幸せを優先する。

 今、自分は楽しい?

もし、半年後に自分が死んだら?

苦しいなら逃げればいい。

自分が楽しい、幸せと思えることをしたらいい。

そう自分に聞いてみて、自分が苦しい事からは逃げようと思いました。

そう決めたことで、また前向きに行動しようと思えるようになってきました。(どっちやねん)

 

自分の心の声が正解

誰かの、アドバイスや世間一般の常識に耳を傾けても 自分の心の声を無視していたら、心の中は辛くなります。

 

周りから何と言われても、自分の気持ちに正直な選択は正解だと思います。

自分の気持ちに正直な方を選んだら、もし、失敗しても後悔もしないし、いい経験になると思う。

私も何度も失敗してしんどい思いはたくさんして 、トラウマのようになってることも沢山あるけど経験してきて気付くことの方が多かったし、行動してよかった事ばかりです。

 

人生は長いけど一瞬。

 

今 悩んで過ぎた時間は返ってこないよなぁ…と、いつも思いつつ、生きてます。 (とはいえ だいたい、テキトーに1日が終わりますが。)

 

もし、これを読んでいる人が今、何か、苦しいなら、この考え方を使ってみてください。

自分が苦しい事からは逃げればいい。

なによりも自分の幸せを優先する。

 今、自分は楽しい?

もし、半年後に自分が死んだら?

苦しいなら逃げればいい。

自分が楽しい、幸せと思えることをしたらいい。

タイトルとURLをコピーしました