【洗脳】あなたのアトピーが治らない10の理由。私も洗脳されてました。

脱ステ

 

ステロイドを塗ってもアトピーが治らない…
なんでだろう?

食事を気を付け運動…デトックスして代謝を良くすれば治る?
化学薬品や界面活性剤を使わなければ治る?

色々試したけど、アトピーが治らない。

やっぱり脱ステしかないのかな?脱保湿かな?
栄養素が足りない?理由がわからない…

Twitterには毎日のように「アトピーが治らない」つぶやきを見かけます。このように、自分のアトピーが悪化する理由がわからず、迷っている人は多い。

 

あなたのアトピーが治らない理由は、みんなが「いい」と言ってる事です。

 

実は、これ、洗脳です。

 

え…何の話?誰に洗脳されているの?

 

世間に。
そして自分で自分を洗脳しています。

 

みんなが「いい」と言ってる事は正解ではない。

 

私もアトピーが治らなかった時、ずっと洗脳されていました。そして、自分で自分を洗脳していました。

 

は?意味わからんけど。どーゆーこと?

この記事を読めば、実は洗脳されていたという事に気が付きます。

頭の中が、スッと晴れて、アトピーを治すキッカケになるでしょう。

【洗脳の発端】1992年のアトピーにステロイドは毒薬報道

発端は、1992年。

ニュースステーションで久米宏キャスターが「ステロイドは悪魔の薬」と批判しました。

そこから、マスコミも脱ステロイドを推奨する流れが出来ました。そこでアトピーには脱ステロイドという言葉も同時に浸透しました。

 

なぜステロイドが悪いの?

なぜ悪魔の薬なの?

医学的に説明できなくても「アトピーにステロイドは危険」という情報だけが大勢の心の中に残る結果となりました。

 

多くの人が知ってる事=真実ではない。

モーリシャス沖で重油流出2020年8月

出典:https://www.bbc.com/japanese/53731998

インド洋の島国モーリシャスのプラヴィン・ジャグナット首相は9日、同国沖で座礁し、重油が流出している日本の貨物船について、船体に大きな亀裂が入り、船が「真っ二つになる」恐れがあると警告した。

引用:BBC NEWS|JAPAN

 

2020年7月末…サンゴ礁が有名な、インド洋モーリシャス沖で日本の貨物船が1000トン以上の燃料を流出する事件が起きた事を知っていますか?

 

ほとんど知らないと思います。

 

同じころ、2020年8月、日本の重大事件として取り上げられている情報はこちら

・渡哲也さん死去
・としまえん閉演
・安倍首相の辞任表明
・GDPが戦後最悪の落ち込み

2020年8月の日本の出来事まとめ参考

 

日本が海外で起こした重大な事件は、ほぼテレビで語られませんでした。テレビは一番多くの人が見るメディア。

みんなが興味関心を持つ情報のみを厳選しています。日本にとって都合の悪い情報は出ません。情報操作が行われていると言われています。

 

世の中というのは

1万人が知ってる事

10万人が言ってる事

100万人に指示されてる人が世の中の正解になります。

 

多くの人が言えば、疑う人は少なくなります。

多くの人が言えば、それが正解になります。

真実ではありません。多くの人の正解です。

 

1990年代に広がった「ステロイドは悪魔の薬」という情報は、多くの人に広がった事で正解となりました。

ニュース番組は、報道後に、情報の誤りがあったとしても、大きく報道する事はありません。

噂は広がったまま放置されます。

参考:日本アトピー協会|治療環境の返還

アトピーが治らない時にやりがちな、8つの行動。

ここから、アトピーが一般的な皮膚科で標準治療(ステロイド治療)で治らなかった時、こんな行動をとるのでは?という行動予想をします。

 

私は、実際にこのような行動をしたことで、どんどん洗脳されていきました。

いくつか、当てはまっている人は洗脳されている可能性があり、注意です。

 

1【検索】ネットでアトピーが治る方法を検索

まず、Google検索で検索をします。

必要な情報が無い場合、Yahoo!知恵袋、アメブロ、インスタ、Twitterで検索をします。

 

2【発見】脱ステロイド・自然療法・食事療法を見つける

アトピーには、食事や腸内環境が重要という事を知ります。

そこにはだいたい、ステロイドを使っても治らないとか、ステロイドを使うのは危険…と一緒に書かれています。

 

3【媒体】自然療法のアトピーの治し方の書籍を見つける

脱ステロイド自然療法本

Amazonでは、「油を断てばアトピーはここまで治る薬に頼らずアトピーがよくなるみたいな本を見つけます。

それを読むと、ステロイドを使わないことがアトピーに必要と書かれています。

目からうろこな情報だらけ。

自分がアトピーやステロイドに無知だったことにショックを受ける。

4【信憑性】医師・専門家の情報にたどり着く

 
医者や専門家の情報にたどり着き、信憑性が増します。近隣の皮膚科医は信頼できないのに、ネットで医師の情報と見ると、信頼度がUPします。
 
なぜでしょうか?
 
理由は
  • 医師免許がある
  • 書籍を出している
  • メディアに出ている
  • 専門書で紹介されている
  • 論文から引用されている
  • 調査グラフや比較表が入っている
 
医師や薬剤師と言われると権威性が上がります。
 
また、専門家・●●師・セラピストと聞くと、自分より専門性があると認識します。漢方医、整体師、ヨガインストラクター、アロマテラピスト、ホメオパシー…など、
 

専門家も同じ事を言ってる。そうなんだ!

よくわからなくても権威性・専門性がある人の発言は、信頼度が高いとイメージで判断して、信じやすい心理になります。

 

権威性の裏話

少し裏側を話すと、本は自費出版も出来ます。
 
ある脱ステロイドの本では、「9割の医者が知らない正しいアトピーの治し方」と衝撃的なタイトルと、内容でステロイドの裏話が暴露されていました。
 
内容は、突然チベットと日本のアトピーの違いが出てきたり、欧米の情報が混ざっていたり、ハチャメチャで突っ込みどころが満載でした。
 
この本の内容では「アトピーが改善した561人中 脱ステロイドで63.3%(355人)がアトピーが軽快」と書かれています。調査は1000人程度の検証結果について書かれていましたが…
 
  • 1000名中、439名の結果がない
  • 「軽快」がどの程度かがわからない
  • 561名中、残り206名はどうなのか不明
 
本来、薬の開発をするときは、1万人以上、世界各国で、検証されます。
 
1000人程度の調査結果は、数が少なすぎて信憑性がありません。脱ステロイドの意思がある患者を集めて検証していて、400名近いデータは出ておらず信憑性はありません。
 
しかし、それらしく語られています。
 
漢方医や整体師、自然療法士も、その分野のプロかもですが皮膚のプロではありません。
ぶっちゃけ、皮膚理論を軽く学んだだけでも自然療法士としてアトピーについてどーのこーの言えます。
 

どんな専門家も、アトピー性皮膚炎という免疫疾患については、全く別の専門分野です。

というか、ほとんどの皮膚科医が治せず理解してない病気です。

医師免許もない皮膚の生理学、免疫学も知らない、別分野の専門家がアトピーの本質を知っていると思いますか?

 

私はそういった事を考えずに、自然療法士や漢方医の事を信じていましたが、みんな似たようなことを言ってて、信じてもアトピーは治りませんでした。これが現実だったのに、疑いもしませんでした。

 

5【シェア】人から人へ伝わる

2~4を知ったアトピー患者は、ブログ、Twitter、YouTube、Instagramを使い、情報をシェアします。

理由は…

驚いたから。

みんなが知らないなら教えてあげよう!

情報の信頼度と関係なく、苦しんでいる人を助けたいという善意です。

 

6【集団心理】みんなが言ってる=正解だと安心する

みんなが同じようなことを言っているし、これが正しいんだ…

最初は「ほんとかな?」と疑っていても、何度も、何度も、同じような話を聞くうちに、気持ちが変化します。

 

たとえば、LINEが流行り出した時、まだメールを使っていた人たちは
「情報を盗まれそうで怖い」
「なんかよくわからないからLINEはしない」と言っていました。

 

しかし、今では60代でも、LINEを当たり前よのように使っています。
今では「メアド教えて」っていう人いなくなりましたよね。

 

良いか悪いかより、みんな同じだと安全・安心します。

皆、少数派にはなりたくないのです。

これが集団心理です。

 

7【共感・仲間意識】みんな苦しい思いをしている

ネットで調べだすと、脱ステや、アトピーの為に運動や、食事療法をしている患者を見つけます。

そして、個人の感情や、自分と似た状況に共感します。

私も食事療法してます!一緒に頑張りましょう!

アトピーに食事は大切ですね!脱ステ辛いだろうけど応援してます!

共感、応援は、励みになります。

みんな同じように苦しい事に安心し、仲間意識が芽生えます。

見ているだけ人もみんなが「いい」と言ってる事に安心します。

 

【思考停止】みんなが「いい」と言ってる=なんとなく信頼

  • 疑わない
  • 情報元を探さない
  • かんたんに信じる
  • 自分で考える事をやめる

思考停止すると、情報を疑うことなく、みんな「いい」と言ってるから何となく信頼してしまいます。正しいかどうかより、みんな同じなら安心。少数派は不安なのです。

【30年以上】クチコミで情報が回っている

「アトピーにステロイドは悪魔の薬になる」という言葉の印象は強すぎました。

1990年代に家でパソコンが出来るようになり掲示板、ホームページで自分の情報を発信できるようになりました。

このような時代の流れによって、情報が消えることなく語り継がれることになりました。

 

やっぱり脱ステしないと治らないんじゃ…

患者同士でクチコミを拡散する事で、本質を見失い、アトピーを治したいのに誤った情報でお互いに洗脳されていきます。

誰も、イイと言ってない。この情報は怪しいのかなぁ…

みんなが賛同していない事は疑います。そして、なぜか自分が世の中に洗脳されている事に気付かず、悩み続けます。

 

なぜ、あなたはその情報が真実だと思ったのですか?

「みんなが言っているから…?」

それが真実なら世の中のアトピーは消えているはず。

なぜ悩む人が多いのでしょうか?

【洗脳の本質】アトピーが治らない理由は「ウソ」

  • アトピーは奇妙な病気。原因不明
  • 治すには腸内環境を整える事と食事療法が重要
  • ステロイドを使えば使うほど、毒素を溜めこむ体になる
  • 化学物質、添加物、界面活性剤を使うからアトピーが悪化する

 

よく目にする情報ですが、この情報は「ウソ」す。
アトピーを治すうえで全く関係ありません。

 

いろんな所でみんなが言ってるやん!?うそでしょ

脱ステ専門医もいるくらいやし、自然療法で治った人いるよ。そんなわけない…

 

そうですね。もしかしたら99%の人にとっては、正解かもしれません。
ただ、あなたにとっては、間違いかもしれません。

【質問】これは誰が話していましたか?

  1. 知人・友人
  2. 東洋医学・鍼・整体など専門家
  3. アロマ・自然療法のセラピスト
  4. 脱ステロイドを推奨している医師
  5. SNS・ブログ…誰が言ってたかわからない

いずれか…または、全部では、ないでしょうか?

 

  • 自然療法士
  • 自然食品店
  • 食事指導
  • アロマ講習
  • 鍼・漢方・整体
  • マルチ商法…など。

 

ステロイドを否定している専門家は、マーケティングとしてこういった発言をしています。

 

「アトピーステロイドを使わず、自然に改善しましょう。」と、ステロイドを使ってアトピーが治らない人をターゲットにしてビジネスをしています。

 

ターゲット?マーケティング?なにそれ?

例えば、近隣のパン屋に行きたいなら「大阪+パン屋」と調べますよね。でも大阪にはたくさんのパン屋があってどこがいいかわからないですよね。

 

そこで、「大阪+パン屋+クロワッサン」と検索すると、おいしそうなクロワッサン専門店が出てきました。

 

アナタは、一番近くのお店に行くか
1時間かけて人気No1のお店にいくのか…自分の都合のいいお店を選びますよね。

 

マーケティングとは差別化の事。

ターゲットに向けて自社をアピールして集客する事。

「●●専門店は、こんな悩みを持つ、あなたの悩みを解決できるお店です!」とわかりやすくアピールします。

 

脱ステロイドを推奨している専門家は「ナチュラルにアトピーを治したい人」「ステロイドを使ってもアトピーが治らない人」に向けたマーケティング戦略です。

ステロイドを使いたくない人が、自然療法にお金を使ってくれる事を知っています。

【みんながイイと言っている】=正解なの?

集団心理・洗脳

「アトピーに食事、腸内環境、運動が重要。免疫を高めろ。ステロイドは良くない。」

 

多くの人が、似たようなことを言ってるのに、なぜ、みんな「アトピーが治らない」とつぶやいているのでしょうか?

 

みんなが「いい」と言ってる事が正解なら、世の中のアトピー患者はいないはず。

それに、頑張っているあなたのアトピーも、そろそろ治ってもいいはず。

 

でも、アトピーが治らない。これがあなたの現実ですよね。

 

私もそうです。
みんなが「いい」と言っていることを正解だと信じ、90種類以上「アトピーに効く」事をしました。

断食や玄米菜食…
動物性食品を取らず
デトックスと運動を続けました。

天然素材を使い、江戸時代のような生活。
10年以上、歯を食いしばって信じました。

しかし、アトピーは治りませんでした。

 

それにやっと気づいた私は、アトピーを正しく治療しました。

そして、ウソ情報だと気付きました。

じゃあなぜ、ウソ情報ばかり、世の中にあふれているのでしょうか?

これが、今まで話した洗脳なのです。

30年以上にもわたる情報のシェアで、洗脳されているので、ほとんど、このウソに気が付きません。

無料で簡単に出来る事は、みんな大好き!

断食、脱ステロイド、脱保湿、運動、食事…ほとんどお金を使わなくていい事ですよね。
そして、やろうと思えば、簡単に出来ます。

 

まずステロイド治療でアトピーが治らない…となると、薬を塗り続ける事に不安を感じます。
 
 
脱ステロイドは薬・医者への不信感から始める人も多いです。理由は、人は恐怖心により、行動をするからです。
 
薬を使うというのはどこか罪悪感があり、体に悪い物を使っているイメージですよね。
 
出来れば薬に頼りたくない。という気持ちは私もよくわかります。
 

逆に、食事療法も、和食にしたり、添加物に気を付けたり…
運動、ヨガ、ストレッチ、呼吸法、デトックス…
体にいいイメージなモノは、取り入れやすいです。

無料。簡単に出来る。体にいい事は誰も否定しません。

 

ステロイドは効くけど怖い。

自然療法は天然で安全。

医者は信用できない。

自然療法は緩やかで優しい。

 

ほとんどの人は、その情報が、正しいか間違いかよりも、

安心そうなのか

安全そうなのか

危なそうなのか

雰囲気で選びます。

そして、一番手っ取り早い、「みんながいい!簡単!安全!今すぐできる!」という、短絡的な事へ流されていきます。

 

 

ただの美容だとか、健康法なら問題ありません。

でも、アトピー性皮膚炎・アレルギー疾患は病気です。

感染症やアナフィラキシーショックで死亡する可能性もあります。

本当にそれでいいの?

疑問に思い、立ち止まる必要があるはず。

 

過去に流行った治療は、脱ステロイド、脱保湿、断食、豊富温泉、土佐清水病院…など。水素水や紫外線療法、鍼などもありました。

 

なんでアトピーが治らないんだろう…
でもみんなが言ってるし…治った人もいるし…

昨日、甘い物食べたからかなぁ…

自分に問題があるのでは?と、自分を攻め、悩みます。

あなたのアトピーが治らなくても、情報が間違っているかも?なんて疑いもしません。

 

運動、食事、腸内環境はなどは、ただの健康法です。

体にはいい事です。やるに越したことはないです。

でもアトピーの治療にはなりません。

 

残念ながら、簡単に出来る事には限界があります。

健康法で、アトピー性皮膚炎の治療はできません。

理由は免疫疾患だから。

アトピー性皮膚炎には、専門的な治療が必要です。

 

最近はデュピクセントがTwitterで話題です。「みんながすごい薬だ!」と騒いだことでアトピー患者が一斉に流れています。

 

しかし、原因を解決しない治療には、限界があります。

 

デュピクセントは効果が高く、安全性もあります。しかし、ステロイドと同じで、一本勝負では、スッキリ完治しません。

デュピクセントが危険、とか意味ない。というわけではなく、魔法のような薬は存在しないという事です。

世の中にあふれる情報はごちゃまぜ

アトピーの情報は、ウソ、正しい情報、健康法がごちゃ混ぜになっています。

脱ステロイド医や自然療法の専門家がそれらしく語っているので真実に見えます。

個人が発信したクチコミはどこの誰かもわからなくても、共感しやすい。

 

そして、みんなが「いい」と同じような事を見続けると、それが正解だと感じます。知らない間に洗脳されて、疑う事が無くなります。

 

しかし、あなたのアトピーが治らないという事は、どこかが間違っているという事です。

これだけ多くのいい加減な情報が、そこら中にあるので疑えないのは、当然です。

 

私はドクターマセソンの治療でアトピーを治しました。

この治療を受けた人は、みんなが「いい」という事を信じ、治らなかった人たちばかりです。

そして、この治療を受けて正しい治療を続けた結果、アトピーに見えないくらい健康な肌になっています。

 

アトピーの治療は、1カ月ほど正しくアトピーの治療をすれば、皮膚は回復します。

そして3か月~1年かけてスキンケアや生活改善で安定します。

これはドクターマセソンの治療を受けた人80%以上の治療効果です。リモート集中治療でも大きな実績をあげています。

アンケート調査結果はこちらです。

 

これであなたの洗脳が溶けて、正しい治療に目を向けるきっかけとなれば幸いです。

アトピーの誤った情報で苦しむ人が減る事を祈ります。

 

かなちん
かなちん

私自身、生まれつきアトピー、重症になった経験からブログやYouTubeではアトピーの改善のヒントや実際に受けた治療を発信しています。

InstagramTwitterもフォローしてると、最新情報を見る事が出来ます♪

コメントも大歓迎です。

 

脱ステロイドについてまとめた記事はこちらです。

タイトルとURLをコピーしました