【有益情報シェア】自分が自分の医者になれるよ【Sさん個別相談】

アトピーを治せる皮膚科医を探す方法 治療のご案内

今回、Sさんが、かなちんのYouTubeチャャンネルを見て連絡をくれました。

今回のブログ記事は有料相談で聞ける内容をシェアさせていただきます。

Sさん、相談料を支払い医療顧問専門家から聞いた有料の内容を、個人情報を含めてブログ公開の許可・また感想も送って頂いたことに深く感謝いたします。

 

今回のお話内容トピック

  • アトピーの疾患とその他疾患の関連
  • 食べ物アレルギーとアトピーの違い
  • デュピクセントについての裏話

医療顧問専門家・高澤さん「これはお話する人によって内容が変わるよ。」と言っていました。

理由は、個人個人の、今までの治療歴によっても説明する事が違い、患者さんが求めている質問や疑問も違うから。だそうです。

なので今回のお話内容は「Sさんの場合」のお話です。

最後に、Sさん本人から個別相談の感想をいただいております。

最後までご覧いただけると幸いです。

Sさんの症状について…

  • ほぼ首がメイン
  • 30代後半から首から上が悪化してくる
  • あまりステロイドを使わずに治療している
  • 脱ステロイドの病院で行ったり行かなかったり…
  • 光線治療で突然悪化。
  • 食べ物アレルギー・アナフィラキシー?化学物質過敏症の疑いありと言われた。

Sさんのアトピー経歴と個別相談のキッカケ

脱ステ、自然治癒派の先生にかかっている

悪化するタイミングは多忙で病院にも行けない状況だった。
多忙で症状も辛いときに、脱ステ•自然治癒では時間がかかるし、症状によっては細菌感染が心配。

ドクターマセソンの治療は細菌感染の治療もするとのことだが
今の皮膚科では細菌検査もほぼしないし、薬も余程でなければ出さない。

「君は治りにくい、免疫疾患だからDNAを恨め」と言われる。
(一応付き合いの長い先生で、私の体質もわかってて、出た言葉だと思ってます

かなちんのYouTubeを見て、
ステロイドにも種類や塗り方もあるんだ…細菌感染もこわいな…など情報を知った。

首は毎回症状が出るので原因が知りたい。

免疫疾患であるならば、自然治癒療法にも年齢が上がるにつれ、限界があるかなと思いだした事から、今回、個別相談に申し込んでいただきました。

【有料級】個別相談できけた情報シェア

アトピーの疾患とその他疾患の関連性

アトピーはアレルギー疾患、白斑、円形脱毛症、ヘルペス、喘息、花粉症など、他の免疫疾患になりやすい因子を持っている。

2.3個の疾患を持っている人も居れば、全部、持っている人も居るので、それぞれに対応した治療が必要となる。とくにアトピーの人は花粉症や喘息は持っている人が多い。

ただ、リウマチ、乾癬は免疫疾患だけど、アトピーとはまた違う免疫疾患。
(リウマチ・乾癬は心臓と関連があり、心臓が弱いことが分かっている)

食べ物アレルギーとアトピーの違い

これが医学的な「食べ物アレルギー」の特徴です。

  • 食べ物アレルギーとは、大体15分程度で症状が出る
  • 症状:呼吸困難・アナフィラキシー・血液低下・蕁麻疹
  • 口の中が痒くなったり、遅延型はまた違う免疫システム

 

揚げ物・甘い物・油・炭水化物でアトピーが明らかに悪化するという研究データで出ていない。食べ物がトリガー(原因)でアトピーが悪化する事はない。

理由は、原因となる食べ物をやめれば、自然にアトピーが回復していくはず。
食事に気を付けてもアトピーが改善しないのは、そこだけが原因では、ないから。

 

医療顧問専門家
医療顧問専門家

アトピーの状態が悪い時はなんでも悪化するので、アトピーの状態が悪い時は原因は見つけにくいです。

血液検査は擬陽性があるので、食物アレルギーに関しては、本人の気持ちと症状の変化のご自身の感覚が一番、正確です。

医療のシーンでは「患者の気持ちや感覚を無視しない」というのは、珍しいです。

 

データーが出ているから、こうだ

データがないから、あり得ない!

私自身もそういった経験はあり、こう断言されてきた患者は多いのではないかなと思います。まぁ、これじゃぁ結果的に医者を信用できなくなってしまいますよね。

 

また、この治療では食べ物アレルギーの血液検査はしない。
理由は、擬陽性(ぎようせい)が多いから。

擬陽性とは、アレルギーがあるのに陰性と結果が出たり、アレルギーがないのに陽性と結果が出たりする事。

食物アレルギーに関しては、本人の気持ちと症状の変化のご自身の感覚が一番、正確。

デュピクセントのお話

YouTubeの限定公開の動画の「デュピクセントの副作用」で話していなかったお話も聞けました。「デュピクセントの副作用」の動画が見たい人はこちらから。

 

新薬を作る時は研究では、様々な疾患に効かないかを研究している。

理由は、新薬が、いろんな治療に使える方が、製薬会社にとっては利点だから。

 

デュピクセントも肝臓に効くか?とか脳に効くか…?と研究したよう。しかし、結果としてデュピクセントは小さい免疫しかターゲッティングしていない事が解っている。

 

デュピクセントはアトピーに関連性が高い白斑・円形脱毛症に聞く可能性は高いが、食べ物アレルギーに効くかは確率的に低いと言われている。

理由は、食べ物のアレルギーとアトピー疾患は別の問題となるため。

 

自分が自分の医者になれる。とは?

ドクターマセソンに治療ではベースラインに戻す事が重要と考えている。
ベースライン=元の状態に戻す事。
ベースラインに戻せば、今後、一切悪化しない場合もある。

 

医療顧問専門家
医療顧問専門家

医学書のテキストで治らないから専門医がいるんだよ。

経験を積んでいる医者ならいくらでもいる。

本物の専門医は感性があるので、テキストに載っていない治療が出来るので、様々な患者に対応できる。

 

これを、かんたんに例えるなら、

美容学校を卒業して、いきなり独立した10年目の美容師と
人気美容室で10年修行。年間2000人以上から指名されていた美容師。

色んな頭の形、髪の質、髪の量に合わせた「オーダーメイドのカット」が出来るのはどっち?と同じ。

医者も、経験値は人それぞれで、治療の結果は医者の腕にかかっているよ。とい言う事。

 

医学書のテキストに載っているのは、あくまでも基礎中の基礎。
それで様々な病状に対応できるなら、テキスト通りやればいいだけ。

 

でもテキスト通りやっても治らないから「専門医」が必要。

名ばかりの専門医もいるが、本物の専門医なら実践を元に、十人十色な疾患の患者からも学びながら、応用して改善に導く。

 

本物の専門医なら、デュピクセント必要かどうかも判断できる。

 

デュピクセント打つ?打たない?いい薬だけどね~

なんて無責任な処方はしない。

本来、その人に適切な治療をすれば、デュピクセントは必要ない場合がある。(この治療では95%以上が必要ない)

不要な薬(お金)は使わない方がいいからだ。

 

医療顧問専門家
医療顧問専門家

正しくアトピーの原因と、治療を学び、知識を手に入れれば、自分で、感染対策もできるし、薬を正しく使えるようになる。

 

これは、自分ドクターになれるという事です。

Sさんから個別相談の感想

今回の面談を受け、情報過多な時代に探して調べきれない事が多いなか、プロの側で見てこられた方のお話は大変勉強になりました。

アトピーを患う人は、みんな良くなろうと、もがき勉強し、経験から体感し、時を経て自分ドクターになってると思います。

私もその1人だと思います。

年齢が上がるに連れ体も変わり、向き合い方も変わるので、今回が自分ドクターをアップデートする良いチャンスになりました。

このチャンスのきっかけとなった、かなさんとお時間頂きました高澤さんに心から感謝しております。

ありがとうございました。

 

かなちんが個人相談に参加した感想

私のケースとは全く違ったので、知らない事が多かったです。

かなり深い医療情報が直接聞け、質問も出来たので、勉強になりました。

 

あっちでは、自然治癒一択!
こっちでは、ステロイドをたっぷり塗りなさい!
そっちでは、漢方の塗り薬やサプリメント!
どっちでは、デュピクセントだけ渡して薬は患者任せ!

こんな感じでそれぞれの医者が、好きなことをいってて治療が統一されていません。

令和になっても「アトピーは奇妙な病気」と言われ続ける事。

医学も科学も進化しているのに、現場が付いていっていない事。

新薬ができてもアトピーの混乱は30年前と何も変わってない事。

これは、いつまで経っても、ふしぎだな…とおもいます。

 

医療顧問専門家・高澤さん
「医療というのは、人を助けるために進化していかないといけない」と言っていたのが印象的でした。

そうですよね…

医療は病気を治すために存在し、患者目線でならなければならないはず。

なのに、現状では、医療としての役割が果たされておらず、結果、アトピー患者が、苦しい思いをしている。

 

これは大きな問題だと思う。

 

今回、高澤さんが、2時間以上お話をしてくれましたが、頭ごなしに否定したり、怒ったりせず患者さんの意思を尊重していて話を聞いていました。

治療を勧める事も、一切なかったのも印象的でした。

知らなかった製薬会社の裏話や、貴重な話が聞けてかなり有益な時間でした。

 

かなちん
かなちん

Sさん、晃平さん、長い時間お疲れさまでした。

最後に…読者さんへ

長文を読んでいただき、ありがとうございました。

私は現在、ドクターマセソンの治療が全てではないと思っています。

自分が満足する治療が受けられるなら日本の治療でもいいのです。(料金も安いし)

しかし、なぜか、みんな、同じような経験をしています。

いい医者と巡り合っていない。
治療効果に満足していない。
ちゃんと皮膚科に通ってもアトピーは思うように改善しない。
自然療法・脱ステ・漢方薬をしてもやっぱり改善しない。

アトピー患者さんの治療歴を聞き、自分自身の治療歴を思い返すと、本当にみんな同じです。

Sさんが「年齢が上がるに連れ体も変わり、向き合い方も変わるので、今回が自分ドクターをアップデートする良いチャンスになりました。」といっていましたが

医療顧問専門家との個別相談は、自分(病気)との向き合い方のアップデートにつながるのではないかなと思いました。

今すぐ、ドクターマセソンの治療を受ける・受けないは別として、セカンドオピニオン的に相談してもいいと、思います。

 

皮膚科で聞きたい事も聞けず、診察・治療に消化不良を起こしている方は、メッセージをこちらからお気軽にどうぞ。このメールは無料です。

高澤さんのお話は有益です。

日本では聞けない、あなたに合う医療情報が得られるはずです。

タイトルとURLをコピーしました