【募集】アトピー卒業。つるつる肌になりたい人へ

治療のご案内

 

こんにちは、かなちんです。私は30年以上アトピーが治りませんでした。

この記事では私がアトピーを卒業した方法についてお話します。

1992年から30年近く行われていて700名以上がこの治療を受けています。

 

 

この記事は、アトピーが治らず、苦しい方向けです。

アトピーをツルツルに治してアトピーとサヨナラしたい方は読んでくださいね。

 

こんなお悩みがある方は参考にしてください。

  • 自分のアトピーの原因を知りたい
  • 滑らかで潤った普通肌になりたい
  • アトピーの自分ドクターになりたい
  • アトピー治療に対して、迷いを消したい
  • 必要のないサプリや化粧品でお金を無駄にしたくない…

「そこそこ治ったらいいや。痒みや乾燥があってもいい。」と言う人は読まないでください。

 

場所:遠隔治療+対面診断

人数:6名限定

日程:初診 2021年10月23日

再診 
11月6日再診
11月13日再診
11月20日最終

合計4回のスケジュール日本国内でビデオ通話を使った遠隔治療です。

(1名確定…3名相談中)

 

 

ドクターマセソンの治療費・Q&A・アンケート・診察風景などをまとめたブログ記事を作りました。こちらからどうぞ

治療を受けた患者さんからの声

この治療を受けた患者さんからは、アトピーのストレスが減り、日常生活が当たり前に送れるようになったという声がとても多いです。

 

アンケート結果

皮膚や痒みに対してのストレスが減った 100%

日常生活が当たり前に送れるようになった 89.5%

仕事、趣味、読書などに集中できるようになった 94.7%

詳しくは、患者アンケートをご覧ください。

 

この治療は医学博士による【アトピー治療】です。

ドクターマセソンの治療

 

この治療は、アメリカの皮膚科専門医 Dr.Mathesonによる、日本人向けのアトピー治療です。

 

2020年5月から始まった、アメリカのスペシャリスト皮膚科専門医による「全身アトピー集中治療プログラム」です。

 

このプログラムはオンライン診察がメインの診察です。これにより、アメリカに行く事なく、日本国内でドクターマセソンによる最新のアトピーの治療が受けられます。

皮膚科専門医 Dr.Matheson(ドクターマセソン)

ドクターマセソンン

ドクターマセソンは、オレゴンメディカルリサーチセンターの理事会認定皮膚科医および臨床研究者です。

皮膚科学会の中では、有名であり、臨床研究・新薬リサーチ製薬会社の世界では数々のお薬を研究してきました。

乾癬に対する生物薬や、クラリティン、アトピーに対する生物薬など皆様がよく知られているお薬もドクターマセソンが研究に携わっています。

 

ドクターマセソンは内科医でもあり、お薬に対する知識がとても豊富です。

 

他の医師からの視点では“魔術師”のようだと言われるくらい薬を使いこなす事が出来ます。柔らかい人柄と感性豊かな発想を持ち合わせるドクターです。

 

学歴と経験からとても困難な医療ケースを受け持ち、高い成功率を誇っています。

 

日本人のアトピー患者を診察したキッカケ、ドクターマセソンのアトピー治療のゴールとは?詳しくはこちら

 

ドクターマセソンの研究所の公式ページはこちら(英語)

ドクターマセソンの、経歴、学歴、臨床研究についてはこちらのPDF資料をご覧ください。

 

グローバル(国際)医療顧問専門家 高澤晃平

高澤晃平さん

グローバル(国際)医療顧問専門家 歴14年

和英・英和の医療通訳・翻訳は15年の経験を持っています。

体外受精・アトピー性皮膚炎・癌・美容整形が主な医療顧問専門分野。

 

高澤晃平さんの公式ブログはこちら

 

【標準治療】と【この治療】の違い

多くのアトピー性皮膚炎の標準治療の特徴。

  • 浸出液の治療をしない
  • スキンケアの指導ほとんどなし
  • 家庭環境のアドバイスもなし
  • 原因を排除するアドバイスもなし
  • 全員に同じ治療
  • 薬をダラダラと使用する

ドクターマセソンのアトピー集中治療の特徴

  • 細菌感染の治療
  • スキンケア指導
  • 住環境のアドバイス
  • あなたの悪化の原因を探す
  • 原因を排除するアドバイス
  • ひとりひとりに合わせた治療
  • ドクターマセソンの治療は、特殊な薬や、治療法はありません

 

患者本人の努力も必要となります。

  • 住環境の改善
  • 指導されたスキンケアの実践
  • 自分の原因を理解し排除
  • 安全で確立された治療の指示を実践

 

ドクターの治療と、自分自身のセルフケアによって、この治療効果が出ます。

アトピーを本気で治したい人は、指示を守り、治療に取り組むので、スピーディーにアトピーが改善していきます。

 

治療を受けられる人は限られています。

この治療プログラムに向いている人

 

  • 花粉症がある
  • 幼児アトピーだった
  • 乾燥・落屑がヒドイ
  • 仕事に集中できない
  • かゆみで眠りが浅い
  • 浸出液が止まらない
  • 薬を塗っても治らない
  • 保湿剤を塗るとかゆい
  • 全身の50%以上がかゆい
  • 正しくアトピーを治したい
  • 自分の悪化原因を知りたい
  • プライべートが楽しくない
  • 肉体的・精神的にしんどい
  • 民間療法・脱ステで治らない
  • 3年以上アトピーが続いている
  • 皮膚科に行っても同じ事の繰り返し
  • デュピクセント使っても痒みや炎症が消えない

3つ以上の項目に当てはまる場合、この治療に適応しています。

 

この治療の一番の特徴
 この治療の一番の特徴は、「自分ドクターになれる事」
まずドクターの指導により、あなたのアトピー性皮膚炎の原因を特定します。
正しく、あなたの悪化原因を学び、知識を手に入れる事で、自分で病気を治せるようになります。

自分自身の悪化の原因がわかるので、迷いもなくなり、改善のスピードが格段に上がります。

 

この治療を終えた元アトピーさんにアンケートをしたら、このような結果に…。

アンケート結果

皮膚や痒みに対してのストレスが減った 100%

日常生活が当たり前に送れるようになった 89.5%

仕事、趣味、読書などに集中できるようになった 94.7%

 

全身アトピー治療プログラムで得られるもの
  • アトピーの原因がわかる
  • アトピー治療に迷わなくなる
  • 自分で自分の体を治療する事が出来る
  • 無駄なお金を使わなくなり自由が増える
  • 必要のないモノ(民間療法)を辞められる
  • 普通肌のように滑らかな肌になる

【残念】治療に向いていない人

治療に向いていない人

  • 自然治癒で治したい
  • すぐに諦めてしまう
  • 治療方針を指示されたくない
  • 主体的に質問や相談が出来ない
  • ステロイドも医者も信用出来ない
  • アトピーは医者が治すものだと思ってる

 

治療に向いている人

  • 一人で悩まず相談できる
  • 前向きに治療に取り組める
  • 正しくアトピーを治したい
  • ドクターマセソンを信頼できる
  • 悪化要因を探すこと、駆除を頑張れる

 

アトピー性皮膚炎は遺伝子レベルの免疫疾患です。

長期的に治らないアトピーは、専門医による治療が不可欠です。

 

的確な指示とプログラム化された治療で。スピーディーにアトピーが改善していきます

治療のメリット・デメリット

 

集中治療のメリット

・日本にいながら専門的な治療を受けられる

・仕事や育児を長期的に休まなくても良い

・渡米治療よりも安くなり費用のハードルを下げる事が出来る

・渡米治療になった場合、割引価格で治療を受けることが出来る

・必要な場合、デュピクセントも将来的に追加できる

・治療を受けた後は医療相談が永久に無料

・再診はいつでも可能。お薬は郵送されてすぐ届く

・元患者と相談が出来る。迷う事が無くなったと安心

集中治療のデメリット

・ストレスの駆除は出来ない

・コンサル後すぐに自主的にトリガー(悪化要因)の駆除が必要

・トリガー発見、駆除できない場合、治療が遅れる可能性

・ケアホームの環境でないところで治療による不安や悪化の恐れ

・アレルギー治療(ドクターベイカーのイミュノセラピー)ができない

・4回のビデオ診察後は再診料がかかる(お薬の処方の診察料は必要なし)

 

【6名限定】アトピー集中治療のご案内

これは最新アトピー治療です。現在アトピーの症状が悪化している、今の治療に疑問に思っている方はお気軽にお問合せください。

遠隔治療のご案内

日本国内でビデオ通話を使い遠隔での治療を受けられます。6名様 限定。

場所・日程

場所:遠隔治療+対面診断

人数:6名限定

日程:
2020年5月16日、17日(5名…治療終了)

2020年7月18日、19日(2名…治療終了)

2020年9月5日、6日(6名…治療終了)

2020年11月14日、15日(5名…治療終了)

2021年1月23日、24日(6名…治療終了)

2021年3月13日、14日(5名…治療終了)

2021年5月15日、16日(3名…治療終了)

2021年7月17日、18日(3名…治療終了)

2021年9月4日5日(4名…治療中)

2021年10月23日(1名確定…3名相談中)

  • 自分のアトピーの原因を知りたい
  • 滑らかで潤った普通肌になりたい
  • アトピーの自分ドクターになりたい
  • アトピー治療に対して、迷いを消したい
  • 必要のないサプリや化粧品でお金を無駄にしたくない…

 

かなちん
かなちん

本気で肌をつるつるにしたい、アトピーを治したい

早くアトピーの痒み、苦しみから抜け出し、「普通の肌みたいだね」と言われたい人はご相談ください♪

 

この治療を受けると、みんな口をそろえて

「悩んでいる時間がムダだった…早く治療すればよかった。」と言っています。

 

ドクターマセソンの治療を受けて思った事

こんにちわ、かなちんです。私はこの治療の元患者です。

生後3か月でアトピー性皮膚炎と診断されてから、約30年…アトピー性皮膚炎にひたすら悩み続けました。

今まで受けてきた治療は、皮膚科や、鍼、温泉など含めると90種類以上。脱ステ入院2回。断食、脱保湿もしました。

 

でも、何をしても、よくなりませんでした。そして、改善するどころか年々、悪化。

 

どうにもならない状態になり2014年の10月に集中治療を受ける事に…。

脱保湿をしたころ

 

かなちん
かなちん

この写真は、一番悪化した時の腕です。この治療を受けて…もっと早くこの治療を受けていれば、違う人生が歩めたかもしれない。と思うほど、今までの治療とは全く違いました。

 

今まで、アトピーの為にしてきた事は、治療の本質からはずれていたこと、肌の生理学から見ても、あり得ないモノだったことに気が付きました…。

 

現在、この治療を受けてからは、多少、痒くなったり悪化する事はあっても、アトピーの治療に迷う事はなくなりました。

 

アトピーが悪化する事は減り、いつでも頼れる人がいる事で、心身ともに楽になりました。

 

この治療を受けてから、なぜ日本のアトピー患者が、混乱するのかが解りました。


3分間の診察、昔から伝えられているアトピーの治療法、SNSの普及で、情報がゴチャマゼ状態だからです。混乱して当たり前です。アトピーが悪化してしまう、あなたは悪くありません。

 

あなたは悪くない…といっても、治療方法にこだわりを持つと、治療は難航します。

 

アトピーに30年苦しみ、この治療を受けて、そして今アトピーの患者さんからの連絡をいただいたり相談をいただく事が多くなりました。

 

その中で、まじめで勉強家の人ほど、頑なに自分の知識やケアでアトピーを改善しようとする傾向にあります。しかし、そういう方はいつまで経ってもある程度から改善しません。

理由はとても簡単です。

 

自分の肌しか見た事がない一般人に、アトピー性皮膚炎と言う病気を治すのは難しい。アトピーと言う病気はそれくらい専門的な知識がいる病気だからです。

脱ステやり方・方法

 

私は、15件以上行った皮膚科では、ステロイドと非ステロイドの軟膏、漢方薬、保湿剤…ただ薬を出されるだけで、なんの指導もありません。

アトピー改善

私自身、皮膚科不信になり、本を読み漁り、ネットで情報収集をして、脱ステや民間療法にこだわった事で、このようになりました。

 

そして軽度だったアトピーがいつの間にか重症になり、苦しみました。

 

最初の皮膚科医が正しく治療をしていれば、こんな事にはならなかったはずです。

 

しかし1件目も2件目も3件目も……3分の診察でステロイドと保湿を出して、「薬出しときますね、様子を見ましょう」で終わりでした。

 

病院で治らなければ、民間療法やサプリ、化粧品など、さまざまな製品を探してなんとかアトピー治せないかと、+αのケア用品でアトピーが治ればと模索します。

 

それでアトピーが治ればよかったのですが、結果は「何となくよかった気がするけどスッキリ治らない。肌はゴワゴワ…」でした。

 

アトピー性皮膚炎の患者は、踏んだり蹴ったり状態です。

 

海外では、アトピー性皮膚炎は子供のうちに治す病気です。子どものうちに治してしまうと成人アトピーのリスクが50%減ります。

 

海外でのアトピー性皮膚炎の治療ガイドラインは日本とは全く違うと、医療顧問専門家が言っていました。

 

2018年にアトピー性皮膚炎の新薬デュピクセントが登場しましたが、日本のアトピー性皮膚炎の治療の基本は…残念ながら30年前から、ほぼ変わっていません。

 

治療の段階で「セルフケア」「正しい薬の使い方」「生活環境の改善」「自身の悪化原因を見つけて排除する」この4つの指導がされていないので、新薬も最大の効果を発揮できないのです。

 

デュピクセントを使用しているのに、痒いとか、治りきらない、辛い…という声がTwitterで少し検索しただけでも出てきます。臭い物に、フタをしているだけの治療は、どんなに効果の高い新薬でも抑えきれず症状があふれてきます。

 

ドクターマセソンの治療はデュピクセントの併用(日本での処方)も可能です。

日本でデュピクセントを使ってもうまくいかなかった患者様も、この治療を受けていますが「全く効果が違う」と言っています。

 

この治療を受けた患者さんの声では「安心した」「何かあったときに頼れる人がいる事が心強い」「悪化する事はあるけど、悪化のレベルが雲泥の差」といわれています。

 

何年も治療を受けるか受けないか悩んでいる人もいますが…正直、悩む時間の方がもったいない…です。

 

悩んでも、試行錯誤しても、今までどうにもならなったのなら、それが限界です。

 

私自身もそうでした。

 

重度のアトピーを経験して【30年間】様々な治療を渡り歩きましたが、その中でも確実な治療方法だと思っています。

 

現在30名近い遠隔治療の患者さんをみても治療効果も驚くほど高いです。

 

超重症患者、妊婦、長期ステロイド使用患者も改善に導いています。
現在、今まで見た事がないというレベルの方も治療を受けていますが順調です。(2021年5月)

 

アトピー人生を楽しむ

 

アトピーを治して人生を楽しみたいですか?

どんなに時間が、かかっても自力でアトピーを治したい?

それとも一刻も早く、この状況から解放されたいですか?

 

悩んでも時間は過ぎるだけで、人生は変わりません。

今を変えたい人からのご連絡お待ちしてますね。

 

ドクターマセソンの治療費・Q&A・アンケート・診察風景などをまとめた記事はこちら

 

私は、日本のアトピー性皮膚炎の治療と、患者の混乱の問題の大きさを何とか出来ないのだろうか?…と考えています。

今後、この治療を広げる事、アトピーで苦しむ人を一人でも減らす事、この問題を解決できるような活動もしていきたいと考えています。この記事を読んだ方は、応援していただけたら幸いです。

 

かなちん
かなちん

私自身、生まれつきアトピー、重症になった経験からブログやYouTubeではアトピーの改善のヒントや実際に受けた治療を発信しています。

InstagramTwitterもフォローしてると、最新情報を見る事が出来ます♪

コメントも大歓迎です。

 

ドクターマセソンの治療費・Q&A・アンケート・診察風景などをまとめたブログ記事はこちら。

※このページは随時、アップデートします。元患者のアンケート、インタビュー、この治療のQ&A等も記載予定です。» かなちん(@kanaatop1)|Twitterで更新情報をお知らせします。気軽にフォローお待ちしています。

タイトルとURLをコピーしました