アトピー治ったつもり?本当に完治した実感はこんな感じ。

アトピーブログ

わたしは37歳で14歳から30歳までかなりアトピーに悩んできました。

 

詳しくは過去記事を見てくれたら
わかるので割愛しますが
簡単にいうと
人生の悩みの99%は肌とアトピーの事。

 

何か一つ願いが叶うなら
肌がキレイになりたい。
そう願っていたくらい悩んでました。

 

いろんな治療や民間療法をしてて、ブログで記事を書いていました。

 

当時は
「●●を食べて改善してきた。」とか
「▲▲はアトピーに効く、根拠は○○で試してみたら本当に痒みが減った」とか書いていました。

 

それはウソではなく
本当に思っていたから書いてたんだけど

 

でも現実は

  • 人生の悩みの99%は肌とアトピーの事
  • 何か一つ願いが叶うなら肌がキレイになりたい

この2つの願いは叶っていなかった。

 

キラキラ書いて前向きなフリをしてだけど、現実は迷っていたし、しっくりきていなかったから、ずっといい情報を探していました。

 

で、今は実際に完治状態になっていると思うので、
過去の自分と比べて今との違いについて書いていこうと思う。

 

今、アトピーが完治状態になっているな~と、実感する部分

365日、アトピーの事で悩まず”普通に過ごす”ことが出来るようになった。

人生の悩みの99%は肌とアトピーの事という部分と

何か一つ願いが叶うなら肌がキレイになりたいという願いはなくなった。

 

どちらも叶ったので肌について悩まなくなった。

悩みでいえば2〜5%くらいかな。

こうだったらいいのになー。とは思うけど、

いい意味で自分の体質を受け入れられるようになった。

原因も改善方法も全て理解しているから情報を探さなくなった。

 

本質的なことを知っている医師と肌のプロが身近に数名いるので、

もし困っても頼る場所があると言うのも大きいと思う。

 

当時は肌の90%以上は治っていると思い込んで掻き癖だと思っていた。

当時は肌の90%以上は治っていると思ってた。
よく肌を触るのは掻き癖で、これさえなくなれば肌はキレイになれると思っていた。

人と写真を撮ったり、健康な肌の子と鏡の前で並んだり写真を撮るのは嫌だった

 

肌はカサカサで黒い服は着れないし、
ピキピキしたり血が出たり、
粉拭いたり、赤かったり、
とにかくいろんな不具合があって、
いつも、ムズムズそわそわしていた。

 

今考えると
治ってるような気がする
治ってきたと信じたい
治っていると思わないとやってられない

「これが私の一番いい状態」だと思ってて、
健康な肌になった事がないからわからなかった。

正直、掻き癖なんてなかった。

今は掻き癖で体がボロボロになる事はない。

痒みの原因があるから掻いたり触ったりするという事にも気づいた。

 

この状態でずいぶんよくなってきたと思っていた↓

脱ステロイド成功?失敗?アトピー画像

 

先日、同じ治療を受けた子たちと会ったけど似たような事を言ってた

【良くなってるかどうかよくわからんけど、それしかなかった””信じるしかない”

断食してみたり、砂浴?やら脱ステやら温泉につかって、ボロボロでも死んだような目をして笑ってた】

めちゃくちゃわかるし、同じような気持ちでみんながいた事でひとりじゃなかったんだという気持ちにもなった。

 

病院に行っても治らない理由も理解できるようになった。

この国は、医者に不利益がないようなガイドラインになってるし、一部の患者は犠牲になってる。

これは紛れもない事実だと思う。

といっても軽症の人たちは病院にいけば安い治療費で治療できて治るから、いいシステムだとは思う。(私もかなり恩恵を受けてるし)

 

この国のシステムだから
仕方ないと諦めるか

絶対にキレイに治したいと
全く別の道を選ぶのか
どちらかしかないと思う。

 

本人が今の現状に満足していれば、なんでもいいと思う。

心のどこかに不安や悩みを抱えているなら、
それは治っていないと言うことだと思う。

 

本当の意味で「アトピーが完治した」状態って?

「アトピーが完治した」と言えるのは、

悩みがなくなって

生活の一部に肌を掻いたり
色や肌触りに悩んだりすることがなくなって
他の生活でアトピーや肌のことを忘れていくことなんだと思う。

 

アトピーの人と友達になって情報交換する必要もないし
仕事や恋愛、プライベートをアトピーに振り回され無くなれば完治なのだと思う。

 

昔はアトピーが治ったらそれでいいと思っていたけど
今はもっとキレイになりたいと思えるようになったし試せるようになった。

 

アトピーが治ってきて、何をしたらダメで、何をしたらいいのかもわかるから
慎重にだけど、美容医療やエステもチャレンジできるようになったから
体質は変わらないけど、完治したと言えると思う。

 

手のアトピーの完治状態も3年以上キープ中

2011年は脱保湿で大変なことになっていた。

2014年にドクターマセソンの治療を受けたけど、一番手が長引いて何度も感染を繰り返した。

色素沈着と色素抜けでくっきり色分けされたような肌だった。

2020年頃からほとんど悪化しなくなったら、今は徐々に色素沈着と色素抜けの差が改善されてきた。

顔のアトピーの完治状態は今キープ中

ずっとエステをしてもらっているけど、ひどかった頃は何もできないし痒くて無理だった。
上2枚はいつの写真かはよくわかってないけど、脱ステ脱保湿の頃の写真だと思う。

改善されたからも血行が悪くて、どす黒い肌をしていたけど、今エステも地味に続けて、透明感とツヤも出てくるようになった。

足のアトピードクターマセソンの治療してからすぐ完治。一度も悪化なし。

私は頭の先から足の裏まで全身の100%症状があった。

脱ステと脱保湿のせいで感染で大変なことになった。

遺伝性のアトピーはこの脱ステと脱保湿で肌の質まで狂う可能性があるから、無闇に手を出さないでほしい。

2022年よりもっと前の写真はないけど、手と同様、色素抜けと色素沈着の差が少しずつだけど無くなってきている。正しい治療とスキンケアは年数がったっても悪化しないと証明できると思う。

 

アトピーが完治してからインターネットは嘘も多いなと気付けるようになった

インターネットに信憑性がなかったり

根本的なことはどこにも書かれてない。

木の幹の部分ではなく「枝葉の部分」の情報が多い。

 

嘘ではなくても、それを知ってどうするの?というような内容が多い。

 

インターネットで見かけるほとんどのアトピー情報は”枝葉の部分”

「枝葉の部分」しかケアできていないと、
根本的な改善ではないから、季節やタイミングで悪化する。

 

「枝葉の部分」しかケアしていない人が
アトピーが完治したとか、肌がキレイになってきたという投稿を見ても
実際のところは、わからないなーと思ってみてしまう。

 

申しわけないけど、私も過去に同じことを実践して、似たような体験しているから、未来が想像できてしまう。

 

他の人がなぜ悪化するのか、なぜ改善しないのかも80%くらいはわかるようになった。

 

私のところに相談に来られる方も、
「20代は良かったけど30代で激悪化した。
50代で落ち着いたけど満足していない。
もう、どうしたらいいかわからない」みたいな人が多い。

 

何をしているか掘り下げて聞くと

ほぼ全員が、何のために薬を使っているのか、
どのレベルの薬なのか、何のためにケアをしているのか
それは根拠のあるケアなのか…イマイチ理解していない。
ネットに流れている情報を手探りで試している感じ。

根拠のない事を何となくやってるみたいな状態の人ばかりだった。

 

アトピーの改善情報は何十年も前から同じ「枝葉の部分」

アトピーの改善情報は何十年も変わってない。

いつ見ても「枝葉」の部分ばかりだなぁとため息が出る…

 

そーゆー情報は無料で手に入るし
簡単に実践できる事だから
そーゆー情報が多いのは仕方ないし
この世の中は簡単には変わらないし
それを信じている人は多い。

 

「●●を食べて改善」とか
「▲▲はアトピーに効く」
みたいな枝葉の部分に惑わされて欲しくないなと思う。

 

本当に根本的にアトピー治すには…
ブログやYouTube、Twitterに不特定多数に伝えられるような事ではないってことを理解してほしいなと思うけど、これを本当の意味で理解するに

は自分が体感して、何年かかかってやっとわかるような事だと思う。

 

昭和、平成、令和…時代は変わって
新薬が登場しても
アトピーはずっと古い情報を焼き増ししているようにみえる。

タイトルとURLをコピーしました