脱ステに成功する人、失敗する人の特徴

脱ステ失敗?成功? 脱ステ

脱ステに成功した人がネットでよく見るけど、私はいつ成功するんだろう?

脱ステに成功する人と失敗する人の違いってなんだろう?

 

脱ステに成功する人もいれば、失敗する人もいますよね…。

 

この記事では、脱ステで成功する特徴「4つ」と失敗する特徴「3つ」の違いをお伝えします。

 

  • 私は研究者ではありません。
  • 標準治療→脱ステ→現在完治状態になった35年の経験談。
  • 私は脱ステを16年続けて、失敗しました。
  • どう判断するかは、あなたの判断にお任せします。

 

かなちんアトピー履歴書
  1. 生後3か月で、アトピー性皮膚炎と診断
  2. 14歳まで有名な皮膚科、大学病院、近隣の皮膚科など15件以上を受診
  3. 14歳~脱ステロイド開始。30歳まで約16年脱ステロイドを実行
  4. 自然療法、オーガニック、湯治、鍼など90種類以上の民間療法
  5. 27歳から30歳…脱保湿を実行。重症のアトピーに…
  6. 脱ステロイドの【入院2回】
  7. 現在…完治状態で、5年経過
  8. 母はエステティシャン。肌の再生理論を奥深く学ぶ
  9. 主治医はアメリカの皮膚科専門医 医学博士
  10. 詳しくはプロフィールをご覧ください

 

紹介にもあるように、母がプロのエステティシャン、完治状態にまで導いてくれたドクターはアメリカの医学博士ですので、信頼度は高いと思います。

 

脱ステで成功する人の特徴【4つ】

 

  • もともとの肌質が普通
  • アレルギー因子が少ない
  • 成人からアトピーになった
  • 思い込みが強い

 

脱ステで成功しやすい人は、元々の肌の質が良いです。皮脂あり、皮膚の構造が「普通肌に近いアトピー」。

 

小さいころに出ていたアトピーの症状は汗をかくと、関節あたりに炎症が出る程度。

大人になって、なにかの、きっかけで全身に広がった。

花粉などのアレルギー疾患がない人も、脱ステで改善する可能性が高い。

 

脱ステではなく「体が元の健康状態に戻った」…?

 

  • 食事を見直した
  • レトルト食品を控えた
  • たばこをやめた
  • 飲酒を控えた
  • 睡眠を良く取った
  • ストレスが減った

 

脱ステ成功者の憶測

 

脱ステ+睡眠+運動+食事改善+飲酒、喫煙を控える+アレルギー食の除去と改善で「生活改善した=アトピー改善」なのか?

食物アレルギーだった人は、アレルギー反応を起こしていた食事を辞めた事など…「脱ステ=アトピー改善」の可能性もあります。

 

 

失礼ですが…思い込みで脱ステが成功?

 

Twitterや、クチコミで…

脱ステ1年で、肌つるつるになってきたよ♪
かゆみは少しあるけど、
肌が強くなってきたしイイ感じ~~♪

と書いてると…

いいなぁ…。脱ステ成功したら肌がつるつるになるんだ…私も頑張ろう

そう思いたくなりますよね。

 

脱ステ1年で、肌つるつるになってきたよ♪
かゆみは少しあるけど、
肌が強くなってきたしイイ感じ~~♪

脱ステ成功?失敗?アトピー肌

 

こうやって、写真が載ってたら、どう思いますか?

 

え…顔腫れてるやん…。めっちゃ赤いし、ガサガサやん?これはまだ脱ステ成功とはいえんよなぁ…ていうか、悪化中やろ…。

 

人は「見えない部分を、自分の想像で埋めようとします。」

インターネットで流れてくる言葉を、自分の頭の中でイメージを作り上げます。

 

「めっちゃアトピー悪化して死にたい…」は、実際、「え…ただの肌荒れやん」レベルだったりするし

「めっちゃ改善してきた!嬉しい!」は、実際、「全然アトピー満開中やん!!」レベルだったりします。

 

 

本人が思い込んでいるので、真実です。

嘘ではないし、誰かを騙そうとしてるわけではないです。

 

 

本人が良ければ、それで問題ないですが、明らかにアトピー発症しているのに、「アトピーが治った、脱ステが成功した!」と言ってる場合があるのでその点は注意が必要です。

 

想像と現実は違う

失礼ですが、自称アトピー治った方で、明らかにアトピー発症している人は、存在します。
(昔の私が、そうでしたwwwさっきの写真は、当時私が一番、肌状態が落ち着いていた時の肌です。)

 

脱ステに失敗する人の特徴【3つ】

 

  • 両親、親族がアレルギー疾患がある
  • 生まれつき乾燥肌、アトピー肌
  • アレルギー疾患がある(ダニ、スギ、ハウスダスト、その他…)

 

近い親族にアレルギー疾患があり、ホコリやダニ、季節の花粉に反応する人の多くは、アレルギーと、アトピー性皮膚炎を両方、発症している場合があります。

 

意外とわかっていない、アレルギーとアトピーの違いについての記事です。アレルギーとアトピーの違いをすべて説明できない場合はこれは読んで理解しておかないと損です。

 

生後、数か月でアトピー性皮膚炎と診断されている方…
小さいころから、夏の「あせも」プールの塩素で悪化するなど…
冬の乾燥で粉を拭いたり…セーター、タイツで痒くなったり…

 

幼いころから、年中、肌のトラブルがある人は「遺伝子レベルのアトピー肌」です。

そのような人は、脱ステに失敗しやすい。

 

遺伝子レベルでアトピーの因子を持っている肌は、刺激に弱く乾燥しています。

 

こんな遺伝子レベルのアトピー肌が、ステロイドを止めようが、止めまいが、アトピー肌は変わりません。スキンケアや住環境の改善をせず、脱ステをしても、失敗します。

 

私はこの、全てに、当てはまっています。

 

私自身、生まれつき、超乾燥肌で超敏感肌です。
アレルギーは50種類を超えています。

母も兄も、いとこも、おじいちゃんもおばあちゃんも、喘息、アレルギー疾患、アトピー性皮膚炎があります。手にはフィラグリン遺伝子異常があり、保湿しないと夏でも粉がふきます。

 

【結論】元々の素質が重要。しかしそこまで見てない。

 

元々持っている、肌質、アレルギー疾患、遺伝子レベルの問題によって、脱ステが成功する人と失敗する人は、わかれます。

 

ネットでは「脱ステが成功して、アトピーが治った」という人を見かけますが、その人が、もともと、どのような肌でどのような経歴の持ち主だったか?まで調べた事はありますか?

 

「脱ステが成功して、アトピーが治った」=脱ステをすればアトピーが治る。と考えていませんか?

 

これ、とても危険です。

 

私自身が、そうやって「脱ステの成功者」になる事を夢見て、16年と言う時間を無駄にしました。

 

成功者が目立って見えますが…

脱ステって、いつまでやればいい?いつになったら治るんだ?

…実際は、いつがゴール地点か分からず、悩み、苦しみ、何年も無駄にしてしまう人が、大勢いるでしょう。

 

実際、ネットでは、アトピーで悩んでいる人たちが、今でも多くいます。

 

脱ステで、みんなアトピーが治れば、アトピーで幼いころから悩む人はいないし、病名もつかないし、医者もいらないでしょう。

 

アトピー性皮膚炎に悩む人たちは、常に、何かいい情報はないか…と探し続けています。それを見るたび、当時の自分と重なり、辛くなります。

 

日本には約51万人という、アトピー性皮膚炎患者がいます。ネット上では、脱ステをしている人が多く見えているだけ…と感じます。

 

悩んだ人の目に止まりやすい「標準治療で治らなくて、生活改善と、脱ステで完治」という情報…

 

これが嘘だとは思っていませんが、成功するかどうかは「生まれ持った素質」で結果が分かれるものだと思います。

 

私自身は脱ステを失敗して、辞めた人間ですが、あなたのアトピーが脱ステで治るかどうかは私にもわかりません。真実は、あなたの肌で確かめて下さい。

 

私は、ドクターマセソンの治療で現在完治状態に至りましたが、まずは、ドクター指導の保湿のケアお風呂の入り方を実践してみてはいかがでしょうか?

YOUTUBEやブログで無料で公開しています。

 

遺伝子レベルの問題ってなんだ?と思う方は、きれいな肌とアトピー肌の違いについて学んでください。

 

敏感で乾燥しやすいアトピー肌の保湿剤の選び方とおススメの商品についてはこちら

 

かなちん
かなちん

私自身、生まれつきアトピー、重症になった経験からブログやYouTubeではアトピーの改善のヒントや実際に受けた治療を発信しています。

noteではここでは書けない事も書いています。

 

Twitterもフォローしてると、最新情報を見る事が出来ます♪

コメントも大歓迎です。

 

タイトルとURLをコピーしました