【薬を使うなら一緒】ドクターマセソンの治療VS日本の治療【何が違う?】

未分類

ドクターマセソンの治療を避けられる方のほとんどが

ステロイド使うならアトピー治らないの一緒じゃん。お金も高いんでしょ?

この記事では、そんな疑問への回答と、40日でリバウンドを終わらせたお写真をお見せします。

 

 

何が日本の治療と違うの?私はステロイドを使わずにアトピーを治したい!薬は使いたくない!

絶対に薬を使わないで治したい!!脱ステロイドで根本から治す!!と決めている人はこちらの記事を読んでください。薬を使わないデメリットはあります。

ドクターマセソンの治療はステロイドを使いながら、脱ステします。

ドクターマセソンの治療は脱ステというより「卒ステ」
 
無理にステロイドを止めてもアトピーは治るどころか長く苦しみます。
脱ステしたことがある人はあの苦しみを知っていますよね?
 
かなちん
かなちん

私も経験したのでよく知っています。

アトピー人生、損しまくり。失った大切なもの。
アトピーで悩んで、迷っている時間は大きな損失でした。失ったものは数知れず…本当にもったいないことをした。

40日でステロイドのリバウンドは終わります。

ドクターマセソンの治療ではリバウンドコントロールの平均30日で抑えます。

ステロイド外用剤からの副作用により、副腎機能の低下や皮膚が薄くなってしまっていたり、毛細血管が浮き出ている方や皮膚の色が紫・グレーになっている方も多いです。

その上、ステロイド外用剤がもう効いていない状態で、塗らないとリバウンドが出るので、仕方なく塗っている状態を良く見ます。

この時に”脱ステ”をヘルプ無しか民間療法だけで行うと大体は劇悪化し、この大変辛い時期をひたすら我慢するしかない方もいます。

ここで”脱ステ医”や温泉治療が入ってきます。がびがびの状態を放置したり、サプリや針治療、漢方、食事療法、非ステロイドの塗薬など良く問診票に書かれております。

これが本当に主流なのかは判りませんが、私の経験上では似たような民間療法が流行りによって出てきます。但し、どれも30年ぐらいは変わっていないようです。

引用:脱ステリバウンドの対処法?

初診→40日でリバウンド終了→60日目のお写真

治療前アトピー脱ステ成功例(治療前)

治療後60日アトピー脱ステ成功例(治療後60日足)

治療前

アトピー脱ステ成功例(背中)

治療後60日

アトピー脱ステ成功例(背中60日後)

リバウンド中のお写真や詳細はこちらの医療顧問専門家のページで読めます。

 

ドクターマセソンのアトピー治療と日本のアトピー治療は何が違いますか?

ドクターマセソンの治療もステロイドを使用するようなのですが、日本のステロイドの使用方法とはどのような部分が違いますか?悪くなって、塗っていたら日本での治療と同じなのでは?
アメリカの治療でステロイドの害を心配しなくていいのは、どのような使い方をするからでしょうか。

簡単に言うとすべてが違います。

例えば、同じナイフで料理をするとします。

 

料理が下手な人は、そのナイフで手を切ったり、まずい料理をつくります。
料理上手な人は、そのナイフで美しい飾り切りをしたり、お刺身を薄くキレイに切っておいしい料理を作れます。

ナイフも、ステロイド(治療薬)も、ただの道具。

切れ味は抜群。でも、下手な使い方をすると副作用や、リバウンドがでます。

 

同じナイフ(治療薬)を使っても、使い方次第でまずい料理が出来るか、おいしい料理が出来るかの違いです。

 

よく見かける日本の治療

日本の診察は強いステロイドを長期使用させるか、ゴール地点を設定しないプロアクティブ療法を指導する事が多くあり、長期で様々な治療薬を処方します。

よくならなければデュピクセントや免疫抑制剤…

 

日本の治療はステロイドの処方だけで診察が終わってしまいますよね?

他の悪化要因の駆除も保湿やスキンケアの指導(勉強)も行われないことがほとんどです。

 

私に個人的に来る相談も、ドクターマセソンの治療を受けた方の既往歴は
”皮膚科に通っても治らないから民間療法やサプリ、漢方などを併用している人”が99%。

 

治療患者さんのアンケート結果を参考にしてください

ドクターマセソン治療のアンケート・クチコミ
  ドクターマセソンの治療と日本の標準治療って何が違う?   どんな人がこのアトピーの治療を受けているんだろう?   ステロイドで...

 

下手にナイフを振り回していたら、炎症を抑える前に、患者さんも傷つけてしまいますしお金も時間も無駄にします。

 

ドクターマセソンの治療の特徴

全身型のアトピーの方には一気に飲み薬で炎症をひかせます。

その間に黄色ブドウ球菌の治療も同時に行います。

 

診察時間は毎回40分、その後、治療グループで1時間
スキンケア、生活改善、アトピーの病気についての勉強会で学びます。

 

飲み薬の効果が切れる頃には肌が安定しているので、浸透度の低いステロイド薬でも、炎症が引くようにプログラムされています。

 

もちろん炎症が長引くタイプの人も居ます。

先ほどのリバウンドが出ている方もそうです。ほかの人とは違う治療が行われます。

その人に合う治療をすすめていくので、日本の診察風景とは全く違います。

 

薬をダラダラと塗る事は指導されません。
スキンケアと生活の指導、悪化原因をつぶしていきます。
見つからなければ一緒に見つけて解決する作業をしていきます。

 

重症~超重症の方を除いてほとんどの方は、指導をしっかり聞いていれば1年以内にステロイドほぼ塗らなくていい肌になります。

 

これが正しい脱ステロイド(卒ステロイド)です。

切れ味のいいナイフでズバッと敵を倒せば、無駄にナイフを振り回すことはありません。
必要な時に必要なだけ使ってあとは、腰に付けておきます。

 

こちらは私の母がウェブ診察を行った時の動画なのでご参考にしてください。

抗生剤、鼻の穴への塗り薬の長期服用ですか?耐性菌の心配があります

抗生剤、鼻の穴への塗り薬の長期服用になりますか?
耐性菌の心配はない期間の仕様でしょうか。

 

耐性菌が付かないように長期使用は絶対にしないようにと日数も塗り方も指導されます。

これは最初の勉強会でかなり注意されます。
耐性菌が出来てしまったら他の治療をしなければならないので大変です。

 

ドクターマセソンの治療でもアレルギーは改善しますか?

ベイカー先生の治療がなく、マセソン先生の治療のみでも、アレルギーがひどい人でも良くなっているのでしょうか。

 

アトピーとアレルギーは似た疾患なので、アトピーが改善すればアレルギー症状も緩和する事はあります。重症のアレルギーの可能性がある場合は、渡米もオプションとして必要な人も出てきます。

 

ただ同じ様な心配をされていた方も、ドクターマセソンの遠隔治療後、アレルギー治療を前向きに検討している人はあまり聞かないです。
(50名以上いて2,3人くらい質問がありました。)

 

そのほかのよくある質問はこちら

ドクターマセソンの治療についてさらに詳しく知りたい人はこちら

ステロイドを一切使わない治療の本当のデメリット

タイトルとURLをコピーしました