【デュピクセント・ステロイド治療】何をしてもアトピーが治らない理由【脱ステ脱保湿】

アトピーブログ

デュピクセントをしても治らない。

標準治療をしても治らない。

脱ステ脱保湿をしても治らない。

デュピクセントと標準治療や脱ステ脱保湿を組み合わせても治らない…

なぜかわからない…

 

何をしてもアトピーが治らない理由について書きます。

 

デュピクセントをしても治らないし、ドクターマセソンの治療をしようと考えている人にも向けた記事です。

【結論】何をしてもアトピーが治らない理由

何をしてもアトピーが治らない理由の結論は

デュピクセントをしたら治る

脱ステ脱保湿をしたら治る

腸内環境を整えたら治る

 

足し算の答えのように「●●したから=アトピーが治る」と簡単なものではないから。

 

「塾に行ったら東大合格しますよ」って言ったら

「そんなわけないやろ」って思いますよね。それと同じです。

 

デュピクセント+ステロイド標準治療でアトピーが治らない理由

デュピクセント+日本の標準治療(ステロイドやプロトピック等)で治らない理由はアトピー改善を薬だけに頼っている状態だから。

 

アトピーの治療はトータルでのケアが必要です。

 

日本の治療でよく聞く残念な部分は

  1. 感染に対しての治療が行われていない
  2. アレルギーの治療が進んでいない
  3. 治療にスキンケア指導がされない
  4. 生活面の指導がされていない

 

薬を出すだけの診察なら、ドラッグストアと変わらないですよね?

適切に治療が行われていれば本来は改善していくはずです。

デュピクセント+脱ステ、脱保湿でアトピーが治らない

脱ステ、脱保湿しながら「デュピクセントをしても治らなかった」というのは当然です。

 

アメリカでのデュピクセントの治験の話を聞いています。

デュピクセントの治験の際は患者がステロイド治療やスキンケアなども併用して正しくケアをしなければ治験から落とされていました。

開発中のお薬の臨床研究結果が悪くなると、お薬は売れません。

 

ソノフィーがデュピクセントの薬をつくる設計段階から、スキンケアと薬物療法を組み合わせる事でデュピクセントの最大の効果が発揮できることが明確にわかっているからルールを決めています。

 

ソノフィーからすると脱ステロイドや脱保湿が治療とセットで行われること想定していなかったようです。

デュピクセント一択でアトピーを改善しようとするのは、剣をもって、裸で敵に向かうようなものです。

 

 

デュピクセント+脱保湿をして治らない

 

アトピーに保湿は必要。

 

アトピー肌は皮膚に必要な水分や油分が少ない。

アトピーの人は肌に必要なセラミドを作る機能や水分や油分が少なく、肌がいつも不安定です。

 

健康な肌が作り出している成分を充分に作り出す事が出来ません。常にカサついた、固い肌をしています。

 

そのため、バリア機能が不安定で、炎症を起こしやすい、痒みが出やすく、皮膚が剥がれやすいという症状が出ます。

 

この不安定なバリア機能を整え快適に生活するためのサポートとなる薬や保湿が必要です。

 

生まれつきアトピー体質を持っている人は皮膚に欠陥を持って生まれています。

生まれつき肌の障害者だと言えばなんとなくわかるかなぁ…

 

アトピーに関しては「目が見えない」「歩けない」というように健康診断の項目もないし、生活に支障がありません。かゆみや乾燥は本人にしか分からない感覚の部分ですが、健康な人のような肌を作る機能に欠陥があります。

 

元々、弱視な人には眼鏡。足が悪い人には車椅子が必要なのと同じで、アトピーには保湿が必要です。

 

自然治癒能力で健康な肌を作ると思いますか?

 

体は、心臓が止まるまで、力の限り体を治そうと働きます。

これは自然治癒能力が備わっているからです。

 

脱ステロイドや脱保湿は

人間の体には自然治癒能力が備わっているから、乾燥させてボロボロにしてステロイドを排出し、薬物や保湿依存から抜け出し、自分の生理機能が戻るという理論です。

 

健康な人なら、時間がかかっても改善していくはずです。

肌の中の機能も、成分も正常だからです。

 

アトピーの肌というのは、生まれつき正常な皮膚を作り出せない。

機能不全。

 

それでも自然治癒力を信じて、掻きむしって乾燥し、剥離した肌になっても何も与えず、健康な肌ができるのを待つ。

 

蟻たちが一生懸命、巣を完成させようとしています。

作りかけている巣の上から、砂をかけたり水を流したり、木の枝を突っ込んだりします。

それをしている張本人が「巣がなかなか完成しないのはなんで?!蟻たちを信じているのに!!」と悩んでいます。

 

蟻は肌の回復機能です。

アトピーの肌はこの蟻たちの数(肌を回復する機能)が圧倒的に少ないのですが…

脱保湿の理論では「自分の自然治癒力を引き出そう」ですが、この正常な機能が備わっていない部分に触れいていません。

「アリたちがいないのにアリたちを増やそう」といってるみたいなもんです。

 

アトピーは乾燥肌と痒みが伴う病気です。

皮膚は掻き壊され、乾燥してバリア機能はボロボロになり…そこに正常な肌を作る機能が無い。

肌を壊す方が先か、健康な肌を完成させるのが先?どちらでしょう?

 

脱ステ脱保湿をしている病院が、ソノフィー製薬会社の治療方針を無視してもデュピクセントを導入出来る事が最初から問題だと思いますが、国や製薬会社が結果的に儲かる形になっていて、目をつぶっているのかもしれません。

 

ソノフィージャパンの心配事。デュピクセントの将来

 

何をしても治らないのは、アトピーに改善に必要な本質を理解していないから

アトピー改善に絶対に必要なのは

正しい知識

正しい治療

正しいスキンケア

自分の悪化原因の駆除

 

コレを継続する時間も必要です。

 

ドクターマセソンの治療では薬物療法はありますが、

それよりも重要視しているのは

スキンケアや自分のアトピーの理解です。

 

ドクターマセソンの治療は

自分ドクターになるために診察後に勉強会があります。

 

アトピーとはどういった病気で

自分の体質や悪化原因について

アトピーに必要なスキンケア

やってはいけない事、生活の中で注意するべき事を学びます。

 

私は治療や勉強会の中でこういった事を学び、何が正解で何が間違いかを学んだので、アトピーが改善していきました。

「ステロイドやデュピクセントを使っても副作用が出る人は出る。これはガチャと一緒。運ゲーム。」と言っている人がいましたが、違います。

 

どんな薬でも使い方を知っているか?です。

安全な使い方を知っている専門医の治療を受けて、使い方を指導してもらえば「運ゲーのガチャ」みたいな副作用は出ません。

 

当然、自分が注意しなければいけない事は環境、年齢、性別、体質、病歴、肌状態によって…それぞれ違います。

 

逆に、安全な使い方も知らず、ケアなどの指導もない医師の治療なら「当たればラッキーの運ゲーのガチャ」になると思います。

 

何をしてもアトピーが治らないのは「どうやったらアトピーが治るかを知らない」

アトピーが治った経験が無いから「なぜ治らないのだろう」と悩みます。

どういうケアをしたらアトピーが改善するか

どういう事をしたらアトピーが悪化するか

自分のアトピーは何に悪化しやすいか

知識を知っていて、治った経験を積めば、何が良くて何がダメなのかがわかるようになります。

 

本当の意味で「アトピーが治る理由と改善しない理由」を理解して正しいケアと治療を続けていれば、1年以内には改善していきます。

 

じゃぁドクターマセソンの治療を受けたら治るん?

デュピクセントと標準治療でも治らない、脱ステや脱脱保湿でも治らないからデュピクセントも辞めて「ドクターマセソンの治療をしたら治るかな?」と考えている人もいると思います。

 

「塾に行ったら東大合格する」わけではないので、同じく、ドクターマセソンの治療をしても治らない人もいます。長くなったので続きはこちらの記事で書きます。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました