日本のアトピー治療30年も遅れている…って知っていますか?

アトピーブログ

アトピーの治療は日本のアトピー治療は30年遅れています。

 

私はアメリカのアトピー治療を受けて5年以上経ってますが、2021年になった今でもアトピーの治療は30年以上前から、さほどかわっていません。

 

何言うてんねん。

と思うかもしれませんが、今回は意外と知らない日本の裏側についてお話します。

 

新しい新薬のデュピクセントや、コレクチムも出ています。

新薬は増えているのでそういう意味では、かなり進歩しています。

 

その進歩した治療を日本では保険治療で安く治療を受けられます。

すごいメリットです。

 

ただ、 残念ながらアトピーに優しくない治療が標準治療となっています。

 

日本の医療は、難易度の高い病気や、時間をかける必要がある治療には限界がある医療制度です。

ファミレスのように【安くて、ほとんどの人はそこそこ満足する治療】が一般化されています。

 

私は、日本は先進国で素晴らしい国だと刷り込まれているということを他国の医療や住宅事情で知る事が出来たので、それもあわせてお伝えします。

 

日本の住宅事情も、30年、遅れている

 

先日、「そろそろ家を買おうか~」なんて夫と話をしていました。

 

一軒家=寒いというイメージがあって「マンションがいい!」と言ってました。

 

なぜ一軒家は寒い!というイメージだったのかというと、

母や、一軒家を建てた身近な人も、みんな声をそろえてこう言いました。

 

マンションは良かった、一軒家は寒い

 

へぇ一軒家は寒いんだ…。

そういうもんだと思っていました。

 

で、いろいろ調べて、一級建築士の松尾和也先生がYouTubeを見つけました。

 

松尾先生は、

「日本の住宅事情先は進国のドイツやアメリカ、韓国からも約30年遅れている」と、聞き慣れない事を言っていました。

 

どう遅れているか…というと

・ドイツの住宅では最低温度基準が18~21度
・韓国、他の先進国はアパートでもそのような性能が一般的
・日本にはそのような基準が無いので室内で10度を下回る一軒家は当たり前ある

またネットには根拠のないも誤った情報を流しているサイト、動画等がたくさんあり、アクセス数、視聴者数が多い=正しい」となりがちだけど、そうではない場合も多々ある。

 

ただ、間違っている情報も堂々と話されれているとそれが間違っていると一般の方が気付くことは難しいと言っていました。

 

で、これ、アトピーと似ていませんか?

本物に出会わないと、本物か偽物かは判断できない

 

素人は、プロに任せたら大丈夫、何とかしてくれると思っています。

 

一級建築士から見た住宅業界は結構ヤバいらしいです。(これは住宅のプロのお話)

 

私が海外の治療を受けて、日本と海外の医療レベルの差に驚きました。

アトピーの日本の治療は本当にヤバいです。

薬害、医療過誤、アメリカなら訴えられているレベルのあり得ない治療を受けている方がたくさんいます。(マジで)

 

でも、その事を聞いたことが無ければ、何がヤバいかなんてわからないですよね?

それに、素人は 専門的な知識が無いから、見分けができませんよね。

 

ネットには、アトピーの情報がたくさんあるけど、本当に正しいのかはわからないですよね。

そんな素人が自分なりに模索してアトピーが治るわけがないのは当たり前です。

 

正直、ネットを見ていても、改善にはつながらない情報や、根拠もないい加減な情報がほとんどです。

 

アトピーは免疫が関係しているとても難しい病気です。

 

 

例えば、どんなにDIYを勉強しても自分で家を建てられないですよね?

 

 

それと同じで、どんなにアトピーについて調べても本や、ネットで得られる情報には限界があるし、素人が試行錯誤でアトピー治すのも限界があります。

 

だから皮膚科にいきましょうってことなのですが、病院に行っても正しく治療してもらえない…

これが日本の医療の大きな問題で、アトピーで長年悩んでいる人には最悪です。

 

薬を出すだけでなんの質問もされないし、

なんの指導もされず、どこへ行っても同じなら、

「病院へ行ってもこんなもの。アトピーの治り方ってこんなもの。」って思うのは当然なんです。

 

松尾先生が

「ファミレスで自分が食べたい料理を

オーダーで作ってくれって言っても無理ですよね?」と言ってました。

 

ファミレスのアルバイトが一流の料理をするのは無理なのはわかっても、

皮膚科医が正しい治療が出来ないのは理解できないですよね。

 

これは、
目の前にいる先生は「専門的な知識を学んだお医者様だから」という先入観があるからだと思います。

 

ほとんどの人はファミレスのステーキと一流レストランのステーキが違うのはなんとなく、わかると思います。

 

でもアトピーの治療になるとファミレスレベルの治療と
一流レストランレベルの治療の違いはイメージできないと思います。

 

本物の皮膚科専門医に出会ってみないと、その違いを実感することもできないし、比べることができないです。

 

皮膚科医だからって一流じゃないのです。

免許を取ったからって一流になれるわけじゃないんです。

 

ファミレスのアルバイトレベルの皮膚科医もいれば
一流レストランレベルの皮膚科もいるということです。

 

日本の医療体制は簡単な病気は保険治療で安く治療を受けらるのはかなり大きなメリットです。

 

日本の医療とは、難易度の高い病気や、時間をかける必要がある治療には限界がある医療制度です。

ファミレスのように【安くて、ほとんどの人はそこそこ満足する治療】が一般化されています。

 

松尾先生も、「いい家が建つかどうかは、会社選びで9割決まる」と言っていました。

 

アトピーの治療もそうだと思います。

 

誰に治療を頼むかどうかで、結果は決まると思っています。

 

 それ以外にも…美容師でも、エステでも、ネイルサロンでも…なんでも同じです。

 

例えば、私は結婚式の写真を、人としても尊敬できるバンプデザインの浅田さんに頼みました。

 

カメラマンなので、いい写真を撮ってもらえるのは当たり前と思うかもしれませんが、その空気感やゲストの表情もうまく引き出してくれました。

 

写真の思い出だけじゃなく、それ以上の素敵な思い出を作ってくれました。

エステティシャンの母と重症アトピーだった私

 

私は、何を選ぶにしても、信頼していて、尊敬できる人に頼んでいます。

 

自分がしっかり調べたうえで決めます。

近所だからとか、値段が安いとかでは決めません。

 

高額なモノは、特に、値段や場所では絶対に選ばないようにしています。

 

本物に出会わないと、本物か偽物かは判断できない。そう思います。

 

「学べば学ぶほど、自分がどれだけ無知であるかを思い知らされる。自分の無知に気づけば気づくほど、より一層学びたくなる。」(アインシュタイン)

 

わたしが治療を受けたドクターマセソンはこんな人です。

 

日本の医療の闇はこちらでもお話しています。

 

 

タイトルとURLをコピーしました