ナチュラルクリニック21『バイオ入浴』で入院する前のお話

ナチュラルクリニック、バイオ入浴入院 脱ステ

これは9年前のお話です。

 

私は2011年の秋にナチュラルクリニック21でまこも風呂(バイオ入浴)の入院をしました。この頃の記憶は曖昧ですが、ずっと続けていた脱ステに加えて、脱保湿をしていました。

 

ナチュラルクリニック21に入院する前のお話から~まこも風呂(バイオ入浴)~退院後のお話をブログ記事にします。一個人の日記だと思って読んでください。

 

2011年の夏アトピー激悪化で死にかける

全身の皮が大量にはがれ落ち、滲出液で手が被曝したようになり、眠ることもできまない。

 

体温調節もできず、真夏にガタガタ震えながら鍼と漢方薬をもらいに行っていました。夜はお風呂に入るたびに発狂。

皮膚に張りつく服を、まずはぬるま湯で剥がさないといけないけど、それもまた痛い…

とにかく我慢して、お風呂に入ったら、やっとリラックスできて、ウトウトしていました。でも次は、あがった後の乾燥が怖くて2時間くらいお風呂から出れませんでした。

 

自然療法、食事療法、デトックス(断食やキレーション点滴など)に、漢方薬…その頃は「アトピーに効く」と言われたものは散々試していました。

今まで受けた治療をひたすら語りました↓

ただ、どの民間療法も、なんとなく効いたかもしれないけど、激的な効果はなかった…。

 

そんな理由でいつの間にか辞めて、また新しい事を始めて…のくり返しをしていました。一つずつ、効きそうなことを試していくので、入院は、最後の砦となります。

 

2011年は、あまりにアトピーが酷くて、私生活がまともに送れず、毎日泣いていました。仕事もずっと休んでいて気が付いたら、夏が終わっていました。

 

マコモ風呂(バイオ風呂)の入院がある事をブログで知る

当時はアトピーの情報はブログか、2ちゃんねるのような掲示板でした。わたしもアトピー患者として脱ステブログを書いていました。

 

  • 代替医療のVanillaさんのブログ
  • アンチエイジングの鬼さんのブログ
  • 摂食障害を克服した方のブログ
  • 渡米治療をした、ゆかりさんのつらつら日記
  • マコモ風呂でアトピーが治った方のブログ

全く違う治療をしている人のブログも読んでいました。

理由は、アトピーの治療にいつも、迷っていたからです。

誰かが断食をしたら断食をしたし、誰かが小麦を食べるの辞めたら小麦を控える、ビタミンCのシャワーヘッドがいいと聞いたら購入してみる…。

…さまざまな情報を手に入れては試す。合うか合わないか、分からない。また、別の事を試す…そんな事を、何年も繰り返していました。

 

まこも風呂のブログを読んで思った事

黒いお風呂って気持ち悪い。臭いと書いてるし。お風呂を変えないなんて、有り得ない。

そう思っていたのに、マコモ風呂でアトピーが治った方のブログを読んでいくうちに、バイオ風呂でアトピーが改善するかもしれない事に期待をした。

親に相談して入院することになった。

「とにかく、アトピーが治したい。なんでもやってみよう」という感じだった。

 

まこも風呂(バイオ入浴)ブログと、渡米治療のブログ

さっきも書いたように、全く真逆の治療方法のブログを読んでいた。

当時から今もブログを書き続けている、このお二人のブログをよく読んでいました。

usagiのマコモブログ アトピーありがとう。

usagiのマコモブログ ありがとうアトピー。
usagiさんのブログです。最近の記事は「新型コロナウイルス対策には笑顔とマコモ?(画像あり)」です。

マコモ風呂は風呂の水を変えずに、いいバクテリアを風呂の中で育てて皮膚の常在菌育てる。という考え方でした。

バイオ入浴とは、お風呂の中に有効バクテリア(主にバチルス菌属を始めとする土壌細菌叢)を培養して、そのお湯に入浴する養生法です。
多種多量のバクテリアや血液のビタミンと呼ばれる植物由来のLPS(リポポリサッカライド)に全身の皮膚が接触することで、アレルギー性の免疫細胞(Th2)に傾いた免疫バランスが自然免疫と呼ばれる免疫細胞(Th1)側に調整され、アトピー症状が改善します。

ナチュラルクリニック21より引用

 

アトピー主婦のつらつら日記

- アトピー主婦のつらつら日記
0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年後。最後はアメリカに治療に行きました。そして遂に完治状態に至りました。 完治までの記録と共に、最新のアトピー情報などをアトピーブログとして掲載しています。

ドクターマセソンの渡米治療では、ステロイドの処方や、バクテリア感染の治療や、「ハイター風呂」なるものがあった。

 

詳しく読んでいなかった、当時の私の頭の中は…

ハイター風呂なんて、なんか怖いし、真逆の考え方やな…。

自然療法が一番いい。
ステロイドは怖い。
薬は抑えているだけで治らない。
アメリカなんか行けるわけもないし。

どうせ薬を使うんだったら、それは完治じゃないやん。

薬もいっぱい使うみたいやしなぁ~~…。食べ物やステロイドを塗らない事、体の中の毒素を出しきる事でアトピーが治る…。

 

アメリカの治療には興味はありつつも、考え方が真逆~~。なんて、簡単に考えていました。

ほかの渡米をしている人も居てないから信憑性も少ないし、掃除や保湿にやたら神経質で、「そんなもんアトピーに関係あんのか????」と、ブログを読んでも、興味がなかった。

アメリカの治療は「自分とは考え方が違う治療方法」という位置づけでした。

なので、最終的にアメリカまで渡米治療をするなんて当時は、思ってもいませんでした。

 

かなちん
かなちん

私自身、生まれつきアトピー、重症になった経験からブログやYouTubeではアトピーの改善のヒントや実際に受けた治療を発信しています。

noteではここでは書けない事も書いています。

 

Twitterもフォローしてると、最新情報を見る事が出来ます♪

コメントも大歓迎です。

次回は入院中のお話を書きます。まとめ記事から読めます↓

<まとめ>ナチュラルクリニック21でアトピー入院ブログ記事はここ

タイトルとURLをコピーしました