アトピー性皮膚炎が悪化する本質と、本物の医者を見分ける8つのポイント

アトピーを治せる皮膚科医を探す方法生き方

私は30年間アトピーで、散々、悪化を繰り返しました。

14歳まで何も分からず近隣の皮膚科と、民間療法(温泉、青汁、漢方薬)をしていました。掲示板で知った数々の民間療法とステロイドの恐ろしさを知り、脱ステロイド、サプリ、鍼、最後は脱保湿をしました。

今わかるのは、どれも本質的なアトピーの改善方法ではなかった。治す本質と悪化する本質が理解できていないからアトピーが治らないんだと言う事。

 

この記事でわかる事

この記事では、やっとわかったアトピー性皮膚炎が悪化する本質をまとめました。

最後に、アトピーの悪化を止める4つのポイントと、本物の医者を見分ける8つのポイントをお伝えします。

最後まで読むと、どんな皮膚科医を選んだらいいかわかります。

 

アトピー性皮膚炎が悪化する本質

アトピー性皮膚炎が悪化する本質は、大きく分けて3つあります。

1つ目は医者側の問題、2つ目は患者側の問題、3つ目は現代の情報社会の問題。この3つの詳細はこちらです。

<アトピー悪化の本質>
  • 医者が正しく治療できない医療システム
  • 医者が、薬の本質を理解してない、使いこなせていない
  • 1人1人の肌の状態、アレルギー、その他の悪化因子を無視した治療
  • 患者が悪化因子を理解せずに、アレヤ、コレヤ…をしている
  • 患者同士のコミュニティで様々な情報が飛び交い、混乱している
  • 根拠のない情報が本、SNSで拡散され過ぎている
  • 患者が医者を信頼できない

悪化する本質1:医者が正しく治療できない医療システム

 

医者が患者を指導できない医療システムとは、3分間の診察時間です。

 

皮膚科へ行って、待ち時間2時間、診察時間3分なんてよくありませんか?

初診は15分くらいしてくれて親切な皮膚科だなぁと思ったのに、

まだ、改善しませんね…このお薬でもう少し様子を見ましょう。

再診で、こう言われ…次の診察もその次の診察も、デジャヴか?って思うくらい、同じことの繰り返し。これを経験した人は多いと思います。

 

残念過ぎる皮膚科医の本当に合った怖い話

 

3分間の診察では、1人1人の肌の状態も診ないし、触らない。

アレルギー、その他の悪化因子も血液検査で調べて終わり。指導はなし。

更に、薬の本質を理解してないので「とりあえずビールで」ってレベルで処方するから副作用も出る。

まともに使いこなせている皮膚科医は、ほとんどいませんでした。

患者も不安になり、医者に対して信頼できなくなるのは当然の流れですよね?

 

私は、日本の皮膚科医のレベルは、相当低いと思っています。

いきなり切れたり、ムスッとされたり、意味不明な原因を断定されたり…本当に毎回残念な気持ちにさせられるので、まともな皮膚科医はいないんじゃないの?とまで思っています。

残念ながら実際に会った人が全てなので、こういう評価になっています。すみません。

皮膚科専門医に質問して、まともに答えが返ってきたことがありません。嫌いとかではないのに、毎回イライラします。(個人の感想です)

 

ちなみにこちらで全国の皮膚科専門医を検索できます。私はこの中で4名の皮膚科専門医の診察をけていますが…まったく「専門性」はなかったです。

 

海外の医療従事者の視点と、「日本の医療システム」の現状

全世界でアトピー性皮膚炎の新薬の開発、研究が進み、デュピクセントが日本でも処方が始まっています。

デュピクセントは、先進国で使用されているのですが、日本でのアトピー性皮膚炎の患者の満足度は先進国の中で「最低ランク」です。

この理由は、先ほどもお伝えした日本の医療システムに、問題があります。

 

この記事はアトピーの新薬の情報について、興味がない人も読んでおいてほしい記事です。

 

この記事を読むと、「日本の医療システム」のヤバい現状を知るキッカケになります。

免許があっても、運転が下手なドライバーがいるのと同じ

 

車の運転は、下手な人と、うまい人がいますよね。カーチェイスを職業とする人もいます。

免許も持たず、ブレーキもアクセルも知らず、車を運転すれば、当然、事故に遭います。

 

私が、受診した皮膚科医を例えると、免許を取るために勉強しまくって学科はALL5。

でも、道路を走ると、運転技術がないドライバーだったのかなぁ…?なんて思います。

 

悪化する本質2:患者が根拠のない情報を信じている

医学知識もない素人が「自力でアトピーを治そう」としている事が悪化の原因です。

 

患者が悪化因子を理解せずに、アレヤ、コレヤ…模索しています。患者同士のコミュニティで様々な情報が飛び交い、ずっと混乱しています。

 

この記事でも書きましたが、自己流でアトピーが治って、情報発信をしている人は、全体の10%以下ですが、人間は目に見える情報がすべてです。

なんの根拠もない情報を信じて、自己流の治療法を続けてしまう事でアトピー性皮膚炎が悪化します。

この記事では、アトピー性皮膚炎の中で起きている混乱と、集団心理が関係している事を書いています。

悪化する本質3:情報社会の問題

掲示板、ブログ…Twitter、Instagram…昔は、本や口コミしか情報が無かったのが今は、インターネットを開けば簡単に情報を検索することが出来ます。

現代の情報社会がアトピー性皮膚炎の患者には大きなデメリットとなっています。

アトピー性皮膚炎の情報の混乱の元

アトピー性皮膚炎の情報の混乱の元は、医学知識のない人が発信する「アトピー、アレルギーの治し方」です。

  • アトピー患者がアトピーの治し方を発信する
  • 根拠のない「アトピーの治し方」の本が出版されている
  • 医学知識がない治療家がアトピーの治し方を発信している
  • ただの美容家がアトピーやアレルギーに効く商品を宣伝している
  • 皮膚科でもない研究者が根拠がないでアトピーの治し方を発信している

医者が患者を正しく指導できない医療システムによって、患者が医者を信頼できない。

皮膚科でアトピーが治らない患者がネットでアトピーの治し方を調べる。

ネット上で患者同士で情報交換をして、根拠のない情報が伝言ゲームのように広がり、信じる人が増える事で、ガセ情報が真実になる。

全員のアトピー性皮膚炎の悪化の原因となり悪循環が起きる。

 

アトピーの悪化を止めるには正しい治療が必要

医者側の問題+患者側の問題+現代の情報社会の問題。この3つを解消するのはむずかしいです。

なので自分でアトピーの悪化を止める重要なポイントを4つ紹介します。

  • 皆が言っている=真実と思わない事。
  • 根拠のある情報なのか徹底的に調べる事。
  • 毎回、丁寧に診察をしてくれる皮膚科医を見つける事。
  • 自分の悪化原因を自分で見つけて、排除する努力をする事。

 

本物の医者の見分け方

私が本物の医者だと信じているドクターマセソンと出会って分かった、本物の医者の見分け方はこちらです。

  • 症状を詳しく問診してくれる。
  • 患者の症状を聞いてくれる。
  • 個人レベルの原因を見つけてくれる。
  • 薬の副作用と安全性を説明してくれる。
  • 日常生活の指導と薬の教育をしてくれる。
  • 質問や疑問を、論理的に答えてくれる。
  • 副作用が出ないように、薬を調節してくれる。
  • 怒鳴ったり、逆切れする医者は論外。(人としてOUT)
  • 医者の指示を守ると症状が改善していく。

 

日本には「運転がへたくそなドライバー」が多すぎ

本当なら、本物の医者に病気を任せて、指導される事が一番安全のはずです。

しかし、日本には「運転がへたくそなドライバー」が多すぎる。

普通道路で、アクセルを踏みまくれば、暴走してリバウンド。

高速道路で、ブレーキを踏めば、後ろから追突される。

運転がうまくない医者が、アトピー患者を治療しているから、アトピーで悩む人が居なくならない。

そして、患者は医者を信頼できなくなり、説明書の無い「アトピーというマシン」を、独学で乗る方法を探している状態です。

 

これは、医者の能力だけの問題ではないです。

 

3分間診療、島国、健康保険など…国レベルでの、医療システムに問題あり、医者を育てない環境を作っています。

 

 

かなちんより一言

アトピー性皮膚炎に取り巻く現状は難しい問題です。

一人一人が自分の健康を守るためには「情報を疑う」と言う事がとても大事です。

私のようにアトピーの情報に溺れて、アトピーが悪化する人が増えてほしくないので、このような情報発信をしています。YouTubeやTwitterで応援してくれると嬉しいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

かなちん
かなちん

私自身、生まれつきアトピー、重症になった経験からブログやYouTubeではアトピーの改善のヒントや実際に受けた治療を発信しています。

noteではここでは書けない事も書いています。

 

Twitterもフォローしてると、最新情報を見る事が出来ます♪

コメントも大歓迎です。

タイトルとURLをコピーしました