失敗ばかりのアトピー治療~アトピー仲間に相談しまくり~

アトピーブログ
スポンサーリンク

アトピー性皮膚炎は奇妙な病気で原因は様々。

原因も色々ある、難しい病気だ。

だから自分に合う治療を探すことが大切。

みんなが言ってる事をわたしもずっと信じてきた。そのせいで失敗ばかりしていた。

私が過去にアトピーの失敗と間違いについて、解説します。

 

前回の記事はこちら

間違い 1:手段ばかり探した

アトピーの治療は治すことが出来る「手段」を探すものだと思っていた。

ステロイドも、脱ステも、脱保湿も、自然療法も、食事療法も、デュピクセントも、どれも手段。

 

治療=手段 じゃないの?
と思うかもだけど
治療と、手段は違います。

 

例えば、

私は ゆかりさんのブログを読んで
薬をネットで取り寄せたり、掃除をマネしたりした

ステロイドを塗るのは怖かったし、ハイター風呂という意味わからないものもあったから
自分が納得できる事だけ試した

 

私は、「手段」ばかり追いかけていた。

 

しかも、自分(シロウト)が治療の「良し悪し」を勝手に判断して
自分が納得できる事だけ試したというところにも問題がある。

 

スキンケアも、治療も、一つ一つ意味がある

 

掃除や、お風呂の入り方…スキンケア…など、どれも、どうでもいいことのように思えるし、そんなものでアトピーが治るわけがないと思ってしまう。

 

ドクターマセソンの治療の中で使う飲み薬や、塗り薬、ハイター風呂などは単品で、理論を理解せずに素人がマネしても効果が出ない。

 

最悪、トラブルにもなる。

 

家に例えると柱、一本では家が立たないのと同じ。

 

柱一本ずつが重要だし、釘やペンキ、断熱材、その他…モロモロ…壁や屋根も、全部、設計された上で安全に住める家になる。

 

家を建てるには、かならず専門知識が必要というのはわかると思う。

 

釘や、素材は、シロウトからすると大したことのないように思えるかもだけど、頑丈な家が出来るか、もろい家が出来るかは、小さなことの積み重ねだったりする。

 

素人がDIYで立てた家はグラグラで、隙間風が入り、危なくて住んでられない…はずですよね?

 

脱ステ、脱保湿、漢方、鍼、食事療法、ステロイドを塗る事、デュピクセントを打つこと…全部、ただの手段。

 

アトピーは「アレがいい」とか「コレがダメだ」と、自分のポリシーで自分の考え方に合うやり方(治し方)をしてしまう。

 

自分のポリシーで手段を追い求めても、アトピーは治らない。

 

シロウトは、家の設計はできませんよね。

自分が納得する治療法を選んでいるというのが、すでに間違い。

アトピーを治すために必要なのは、治すことが出来る専門医の元で「治療」すること。

 

YouTubeでアトピーの本質について、もっと詳しく話している動画があるから、興味がある人はみてください。

間違い2: 相談する相手

私は、ナチュラルクリニックに入院する前、アトピーのカウンセリングを受けていた。

そのアトピーのカウンセラーは自称カウンセラーだった。

とくに何か資格を取ったわけでもなく、(自称)スピリチュアルな能力がある人で、それらしい事を言われて信じていた。

 

ほかの記事にも書いているけど、カウンセラー、アロマセラピスト、漢方医はその分野のプロであっても、アトピーの生理学、免疫、医学についてはシロウト。

 

そういった「専門家」が語るアトピーについての話は、根拠がなく、いい加減な話ばかり。

 

ただ、日本には正しく診断、治療をしてくれる医師が少なく、皮膚科にマジメに通ってもアトピーが治らない人が多い。

 

  • 顔を見て話してくれない
  • ちゃんと話を聞いてくれない
  • ただ、薬を出すだけで説明が不十分
  • 優しくても「様子を見ましょう」と言われて時間が過ぎる

 

医療に疑問を感じたアトピー患者は、情報量の多い専門家の話を信頼してしまう。

さらに患者同士で、情報交換をして、みんなが同じことをいうので信頼してしまう。

 

 

明石さんが信用できなくなった私は、渡米治療の相談を無料で受け付けているとmixiでプロフィールに書かれていた人にアポを取って、母と二人で相談しにいった。

笑顔で「無料で紹介してあげるよ」と言ってくれた。そして、明石さんの悪口もきかされて、ますます明石さんに不信感を募らせた。

話の中で、リンデロンを塗ればいいと薬の塗り方を教わって、家にあったリンデロンをしばらく塗った。

 

無料で相談に乗ってくれる親切な人。

そして親切な人からの悪口を聞いて、その人の話を信頼した。

 

渡米した後、よく考えたら、リンデロンなんて治療には一切出てこなかった。

優しい人の言ってる事と、ドクターマセソンの治療とは違っていた。

 

彼の話の中には、自分のアトピー研究結果みたいなものが混ぜられていた。わたしはそれが、ドクターマセソンの治療方法なのか、彼自身の独断と偏見なのかが判断つかなかった。

 

親切だから、優しいから、正しい事を言ってるとは限らない。

間違い3:無料、親切、アトピー患者の共感の罠

無料、親切、元アトピー患者は、とても良いアドバイザーのように見える。

 

無料で渡米を紹介してあげるよ、いつでも相談しておいで!と優しくしてくれた人を信用した。

 

明石さんは薬の塗り方なんて教えてくれなかったのに、薬の塗り方まで教えてくれた。
なんて彼は優しい人なんだろうと最初は思ったけど…渡米の話が進まなくて 困った。

 

彼が何を考えて、そうしたのかはわからないけど、本人は 善意でやっていて、本当に悪い人ではなかった。

 

彼は精神的に不安定なものを持っていて、責任を持って渡米を手伝うのは難しい人だったと、後からわかった。

 

タダ(無料)より怖いものはないとよく言う。

【めっちゃわかる】アトピーの人は、アトピーの人に相談したい。

プロフィールこの記事を読んでもらえたら、アトピーで苦しんでいる人と、わたしが過去に同じ気持ちで、同じような行動をしていたことはよくわかると思う。

 

渡米より、もっと前も、アトピーの人のブログを読んだり、2ちゃんねんを読み漁って、コメントなどで相談もした。

 

それで、鍼、漢方薬、脱ステの入院も決めた。情報がないより、あるほうがいいとは思う。

 

でも、アトピーの人はみんな悩んでいる。

悩んでるのに情報を発信する。

その情報に溺れて、何が正解で何が不正解か分からなくなってしまう。

 

アトピーの人は、アトピーで悩んでいる人に相談する。

理由は、共感してもらえたり、優しくしてくれる事がわかっているから。

 

実際、わたしも、アトピーが治っているはずのゆかりさんや、明石さんを頼れなかった。

理由はどこか怖くて、取って食われそうな気がしてたし、冷たい印象があったから。

 

それが大きな間違いだった。

 

まだ悩んでいるアトピーの人と共感はできても、正しいアドバイスはできない。

 

相談に乗ってくれる人は優しく見えるかもだけど、その人から聞いた話を信じて、健康被害が起きてもだれも責任は取ってくれない。

 

無料で相談に乗る理由は、自分の知識を教えてあげたい、承認欲求を満たすためかもしません。

日本の医師にアトピーの治療が出来ないのに、医療も学んでいない一般人に免疫疾患のまともなアドバイスはできないはずです。

私は、治療の相談とスキンケアのアドバイスのみしています。医療相談は高澤にしてください。

優しい人のアドバイスで、アトピーが治るなら医者はいらない

アトピーで苦しむ人は、みんな 同じ気持ちだと思う。

私も、アトピーの優しい人たちに相談してきて、気持ち的に救われてきた。

同じ痛みを知っている人同士で、気持ちを分かち合うのは居心地がいい。

 

私も入院仲間、ブログ仲間、ネットの顔の見えない誰かさんに、相談してきた。

この治療ってどう思う?

○〇にいいらしいね、私も試してみようかな。

この△△クリームで痒みが取れるらしいよ。

そうなんだ!私も使ってみようかな。

そういえば、××の鍼がいいらしい。

ネットでクチコミがあって行ってみようと思う。

えー鍼って痛いのかな?頑張ってね!

良かったら教えてね!

 

アトピー辛いよね、痒いよね…
わかる、わかるわー!

アトピー辛くてもがんばろうね!
一緒に食事療法がんばろう!

脱ステ頑張ってね!
運動しよう!

 

よくある相談。ここにはなんの根拠もない。

 

整体師の先生
カウンセラー
アトピーの鍼灸師
ナチュラルクリニックの先生も
看護師さんも調理師のおばさんもみんな優しかった。

 

みんな、口をそろえて自然療法が一番だと良い、食事、運動、精神面を重視した。

 

「あなたは悪くない、それで良いんだよ」いつも認めてくれた。

 

で、それでアトピーが治ったの?

 

今考えたら、どのアドバイスも、似たり寄ったり。信じて努力しても、すっきり改善しなかった。

似たような話を何回も聞くたびに、それが正解だと信じた。

 

良くなったかも…と思ったら、悪化。

動けない程に悪化する時もある。

また少し落ち着いて、治ったような気がして、また悪化して…

同じような事を繰り返していた。

 

ずっと体を掻き毟ってボロボロになった肌を見て「なんでこんなに頑張ってるのに?」と泣いていた。

みんな同じような事を言ってた。

それを信じた。

でも治らない。

それに、気付いたのはドクターマセソンの治療を受けて何年も経ってからだった。

医療は冷たい 冷静で淡々としている

ドクターマセソンの治療を受けて6年経った。

 

今はアトピーには「理論のある治療」か「理論のない健康法」か、白黒ハッキリ分かれているのがわかる

渦中にいる時は見えない。

 

「アトピーの原因は様々で、治し方も色々ある」とよくいわれるけど

家を建てるとき、いきなり屋根を土台にして柱を15本建てるなんて事はしない。

 

 

基本の基本は決まっている。

基盤があって、柱があり、屋根や壁がある。

 

アトピーの治療もそれと同じ。

 

アトピーの治療には基本の治療がある。

基本は、同じ。「いろいろ」なんてない。

 

なぜ日本でアトピーの治療がうまく行かないのか、不思議かもしれないけど、そういった医療制度を作られているから仕方ない。

 

アトピーの体質・アレルギー体質を強く持っていて、何度もぶり返す人は、日本の標準治療でつまづく。

 

想像で言ってるように聞こえるかもしれないけど、2ちゃんねる、ブログ、Twitter、…同じところで30年以上、同じ悩みを持った人が出てきては消えている。

脱ステでも、自然療法でも日本の標準治療でも…

日本の医療が本当に進歩していて、それでアトピーが治る人が多いなら、
アトピー悩む人が、そろそろ消えていないとおかしくないですか?

Twitterで【アトピー 治らない】とか検索すると山ほどアカウントが出てきます。

 

「アトピーの原因は様々で、治し方も色々ある」は自分を守る言葉

の言葉を使えば、アトピーの人たちを全員 傷つけない

 

君は間違っていないと誰も否定せず、希望があるように見せてるだけ。

優しくて、みんなが納得する言葉は共感できるかもしれない。

 

優しくされてアトピーが治るなら、今頃みんな悩んでいない。

同じ悩みに共感したってアトピーは治らないし

アトピー仲間に相談したってアトピーは治らない。

アトピーの悩みを解決したいならアトピーが改善した人に相談した方が早い。

当たり前のことが、なぜか出来なくなる。

https://kanachin-atopi.com/atopi-dema/

間違い4:アトピーを治すのに「好き」とか「嫌い」で選ぶ

アトピーを治すのに、
自分の「好き」「嫌い」「いい」「わるい」で判断する人が多い。

 

これは、仕方ない事だけど、自分の好き嫌いで判断しない方がいい。

わたしのように、失敗ばかりします。

 

私も
ステロイドがこわかった。

自然療法がいいと信じた。

私も明石さんが怖かった。

ゆかりさんのブログは冷たく感じた。

 

自己判断の治療はアトピーが治らなくて

アトピーを治したくて、やっと飛び込んだ。

 

なぜもっと早く気付かなかったんだろう?

手段ばかり探して、遠回りしていた…と今は後悔します。

自分がいかに「知ったかぶり」だったか…。間違いばかり犯していた事、今ならわかります。

 

ステロイドは危険だ。

脱ステ、自然療法がいい。

食事は細胞や肌を作る。良い油を取る事が重要。

血の流れ、自律神経、腸内環境が大切だ…

アトピーの原因は様々で、治し方も色々ある!

私も昔、わかったように言っていた。

でも、何もわかっていなかった。

だからアトピーは治らなかった。

答は単純。

いくら理論を理解しても、自分のアトピーが治らなかったら意味ない。

 

日本のアトピー治療はもう30年…もしかしたら50年前から、ずっと混乱している。

意味がわからないのは仕方ない。

だって日本にずっといたら、誰もこんな事、わかるはずがない。

日本でアトピーで悩んでる人は「浦島太郎状態」だと思う。

世界はもう進歩してどんどん変わっていても、竜宮城しか知らなければ、世界が変わっている事には気付かない。

新しい世界を見た人が「こんな世界があるよ」といっても「怪しい」と言うのは仕方のない。

 

また、不思議なことに、なぜか新薬だけは入ってくる。

だから余計に「日本の医療は進歩している」と思えるのかもしれない。

 

【アメリカの医療】日本人からすれば、あり得ない、怪しいに決まってる

「信仰宗教か洗脳だ」

「そうやって患者を騙している」

「法外な医療費をとって儲けている」

「そんなにドクターマセソンの治療がうまく行くなら、日本で広がってもおかしくない。」

 

そうやって疑うのは無理はないと思う。

先進国の日本で治らないわけないやん。

日本は清潔で、安全で医療も最先端でしょ。

何の根拠もないけど信じていた。

明石さんの本を知ってから、10年くらいスルーし続けた。というか、興味が無かった。

私もドクターマセソンの治療は正直、日本の標準治療と変わらないと思った。
日本の「自然療法」とは正反対だし。
ブログ情報量が多すぎたし、意味不明だと思った。

 

最終的に、これしかないのかな…と思って、明石さんに相談したけど、その時も怖かったし、そこでも疑っていた。

【お願い】相談相手は慎重に選んで…!!

アトピーの悩みを持つ人同士で相談すれば、共感できて、安心するかもしれない
 
  • 混乱を招く
  • 誤った情報が多い
  • それに気付けない
  • 解決はできない
 
これは絶対です。要注意。
ドクターマセソンの元で治療を受ければ、この意味も、わかるようになります。

あなたは、もしかしたら、アトピー論をたくさん学んでいて自分のアトピーの原因を知っていると思ってるかもです。

でも、アトピーが治っていないなら、その理論はどこか間違ってるってことだと思う。

コワイ、キライ、ヒトリでも大丈夫。

わたしが明石さんや、ゆかりさんが怖かったように、わたしを嫌いとか、怖い人と思ってる人はいると思う。言ってる事が、冷たくて、きつい印象があるんだろーなーと思う。

 

TwitterやYouTubeでは賛成者が多いほうが良いし、いいねが多ければ支持が高くて信頼度が上がる。

そんな世の中だけど、イイねの為に、歯の浮くようなセリフは言いたくない。

 

ドクターマセソンの治療にはお金がかかる事。

自分のアトピーと向き合って改善したいと冷静に判断してほしい。

結局、自分の人生を決めるのは自分。

アトピーはみんなで輪になって治す病気じゃない。

病気の友達が出来て、仲間意識が生まれると、その中で同じようなことをしていないと不安になる。

それが病気仲間の危険な所。

 

もし、ドクターマセソンの治療に興味があると相談したら「ヤバイよ!それ、やめときなよ!」「ステロイド漬けにされるよ」なんて根拠なしで足を引っ張られたりする(本当にあるって聞くから怖い)

 

ドクターマセソンの治療はお金がかかる。興味があるけど海外はコワイ。でもアトピー改善している…うらやましいけど自分にはできない。モヤモヤ悩みが深い人たちの闇は深い。

 

恋愛がうまく行かない女子たちの嫉妬と似てる。みんなで「彼氏ほしい」「イイ男いない」と、グチってる時は良い。1人素敵な幸せになろうとすると「その人ヤバいんじゃない?」と親切のようで足を引っ張るアドバイスが入る。

 

肌も、遺伝子も、免疫の反応も、一人一人違う。

もともと持っている体質が違うから、仲間と手を繋いでゴール(100%完治)というのは約束できない。

 

それでも確実に

夜は普通に眠れる

旅行や趣味を楽しめる

仕事のパフォーマンスが上がる

恋愛、結婚、出産をする人も多い

 

相談できるプロがいるから迷いが減る

本物の専門医の治療はそれくらい安心感がある

 

仲間になんてならなくてもいい。

正しい治療を受ければ、自分のアトピーの悩みの解決はできる。

 

わたしは文面では怖いかもだけど、喋ったら普通だし、普段はアホなことばっかり言ってる関西人。

頭の中身はクレヨンしんちゃん。英語だって喋れない。ほんとにアホだ。

 

「みんなで一緒に手を繋いで改善しよう!」とか、優しく甘いセリフで「こっちにおいでよ。」と言うのはなんか違うよな~と思ってて、嘘が付けないからきつく見えるかもです。

 

取って食ったりしないし、治療を強く勧めることはないので相談や質問があれば 気軽にしてほしい。

 

相談するのが怖いなら、わたしのYouTube動画や他のブログ記事を読んだり、ゆかりさんのブログ記事をじっくり読んでみるといいと思う。

 

あと、わたしがキライなら晃平さんに直接相談すればいいと思う。

 

わたしを通さなくてもドクターマセソンの治療は受けられる。治療をするかしないかは別として、晃平さんも色々教えてくれる。(かなちんのブログを読んだと言ってもらえるとわかりやすいです。)

 

AKBのあっちゃんじゃないけど、私のことが嫌いでもアトピーの治し方は嫌いにならないでください!みたいな感じやね。

出典:みんから

私をキライでもいいから、サッサとアトピー治して、自分の人生をとにかく楽しんでくれたら、イイなと思う。

アトピーの悩みが無くなれば、私や晃平さん、ドクターとも連絡を取らなくなる人も多いです。

むしろその方がいい。

ドクターマセソンも「連絡が無い事がハッピーボイス」と言ってるくらいです。

自分の人生に病気なんかいらない。

悩みを解決したいなら、アトピーを改善している人、改善できる人に質問した方が早い。

 

今疑問に思っている事、どうしたらいいかわからない事、相談してくれたら回答します。

迷ったら、とりあえず相談がおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました